51t31ay6jll

ツバキ文具店は、今日も大繁盛です。夫からの詫び状、憧れの文豪からの葉書、大切な人への最後の手紙…。伝えたい思い、聞きたかった言葉、承ります。『ツバキ文具店... 続き

コメント

今年の1月にツバキ文具店が出てからもう9ヶ月も経ったのか!と驚き。小川糸さんの本は、食べ物と幸せが一緒に登場して、読んでいるこっちまで幸せになれます。鎌倉…、関西に住む私にはなかなか遠い土地ですが、この2冊を読んで鎌倉に随分魅了されています。

前作とともに何となく読まず嫌いしていてもったいなかったなぁ。美味しい食べ物が出てくる小説は内容もいいと思っています。美味しいものたくさん、好きな文房具もたくさん。キラキラってどうなのよ〜と思っていたのですが、前作の『ツバキ文具店』を読んで納得でした。

ポッポちゃん、随分大人になりました。今だからこそ書ける代書もありました。
美雪さんとミツローさんとポッポちゃんの三角関係は、素敵です。イヤイヤ、QPちゃんとの4角関係ですね。
先代は(色々あったけれど)ポッポちゃんに沢山の事を繋げていました。やはり、素晴らしい人であったと思います。

いやー、人生っていろんなことがあるもんだ。といっても、小説の中の出来事ですが。
鎌倉にある文具店兼代書屋のポッポちゃんがいきなり結婚! 一児の母になってる! と、驚きの冒頭ですが、今回もやっぱり、生きてる人から、亡くなった人から、聞きたかった言葉がいっぱい登場します。そしていつか自分が形をなくした時のために、伝えたい言葉を準備する人も。
この世に肉体はなくても、いつも大切な人は側にいてくれる。キラキラのおまじないと共に。

『ツバキ文具店』が一目惚れの大当たりで、その続編を本屋で見つけて迷いなく買いました。前作に比べてお手紙や文字に関する描写は減り、より家族や直接的な関わり合いの描写が増えたなと思いますが、別に前作をなぞる必要はないのでこれはこれで好きです。しばらく時間が空いてしまったせいで美雪さんの事件がきちんと思い出せないのですが、こればかりは前作を読んで追い直すべきポイントだと思います。それが分からないと気持ちに入りきれないので、必ず前作は必要。

ツバキ文具店の続編なので、前作を思い出すまで時間かかったけど、思い出したらあっという間。

情報としてではなく、感情として、登場人物の心情が心に伝わってくる優しい文体ですごく心響く。今のインターネット文化にはない、人と人との対話が奥深さが文章から伝わってきて、読んでて、とても幸せな気分になれる本だった。

読者

F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c79797a324dc 0c61 4901 b94b c33e24c3f3515a7e1120 95ce 462b b8e5 fefacc08cf25A497086c 1bd2 4c8f 9e96 e729c6074ba4F4226424 2a79 49de abf1 5eb72cdc32134e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f7d63454f a1c2 4f21 bce2 600a21436b0089be88c9 57dc 4155 b5d1 69f8e8c9ead9 55人

小川糸の本

ツバキ文具店

ツバキ文具店

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21

bitte

本の虫

親の心子知らず 失くした後に気づいても、遅いけど、 遺してくれたものがある 紙に書くって心の整理になるのかもしれない 鎌倉に行きたくなります

約1か月前

E5925ba0 70a7 43b3 9e84 b497c7645149Icon user placeholderB357c5d4 925d 41dd 87d5 a56b70265399 58
ファミリーツリー

ファミリーツリー

7654c38f 2a7a 482c ae61 67580a32ab1f

きなり.

こころがふくふくするような物語が…

こころが、とってもじんわりこ。なんてあったかいお話なんだ。 読み終わると、おばあちゃんに会いに行きたくなった。 しばらく会ってなくて、「会いにいくのはそのうちでいいや」とか思って過ごしてたけど、今すぐにでも会いたいきもちになったよ。 そして、おばあちゃんを想うと泣きそうになった。 おばあちゃんがいて、おじいちゃんがいて、だからわたしの両親がいて、ふたりが愛しあったから、わたしがいて。 そんな、当たり前だけど当たり前じゃない、奇跡みたいなものを感じてドキドキした。 そして、土地に根付いてるものや季節を大事にすること。 わたしのいまの生活では、それってなかなか難しいことだけど、でもそういうのを大事にしようという気持ちを持っていたいな。 ファミリーツリーのいちばん下っ側にいるわたしから、新しい命がまた続いてゆくんだなぁ。 とってもすてきな奇跡。

6か月前

ミ・ト・ン

ミ・ト・ン

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

各国それぞれにいろんな風習や考えがあって 本書はラトビアという国がモデルになっていて 国の全ての人がいろんな場面でミトンをはめている 女性が編み 旦那さんや両親や親戚、はたまた近所の人にまで 作ってプレゼントする 日本でいう八百万の神と同じで 物にもその辺にある石にも全てのものに神が宿っているという考えから ミトンに願いを込めて神の模様を編み込んだりしている 物があまりなくても心豊かに過ごせるのは 神への信仰や感謝の気持ちがあるからでしょうか

7か月前

3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e2f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b5Icon user placeholder 25
卵を買いに

卵を買いに

6af8b131 1947 49e2 8ca4 bb340709c6fd

現代小説、エッセイ、詩歌を中心に…

素朴であたたかみのある表紙と気になる帯に惹かれて購入。度々挟まれる政治色のつよい文章に予想していなかったため少し身構えてしまったが、可愛い犬のゆりねちゃんと、ページから美味しそうな香りのするごはんのエピソードには大変癒され、そして腹ぺこになってしまった。ゆりねバーグ、気になる木……。

8か月前