619nifvbmvl

コメント

駆ける、駆け、巡る。早業である。町田康の文体がその加速度、疾走感を更に増幅する。

いわゆる、つづく。To be continued…な、本書は
「やっと会える。やっと兄に会える。」
と兄、頼朝に思いを馳せ、追う義経の誰にも見えないスピードで駆けゆく姿でひとまずの終わりを迎える。

この後の義経と頼朝の関係を何とはなく知ってるとゆか、教わったり、読んだりした知識でしかないが、知ってる聞いてる自分からしたら何だか切ない。が、これから起こる事に期待はあるし、ワクワクもする。

さぁさ、『ギケイキ』これより ハジマリ、ハジマリィ だ。

その他のコメント

歴史物が苦手なのだけどこれは町田康の時点で手を伸ばした。期待を裏切らない下らなさ、三段落ち。文章で笑える。コントかよ。全4巻ということで期待大。

現代に生きる源義経が自らの生涯を語る、という設定からして少し狂った感じの作品(笑)
どういう視点で何故、現代の目線で生涯を振り返ってるのかの説明一切なく語られる義経の前半生。挙兵した頼朝を追いかけるところでスパッと終わってるのも新鮮。
自己評価が異常に高いが故に精神を病んでる弁慶とか、確かに現代目線で見るともの狂いというか当時の人間ってちょっとおかしく見えるかもしれない。
実は大学の専攻が中世文学なのでこの辺の作品はもっと掘り下げて偉そうなことも書かなきゃかなと思ったけど、素直に面白かった、それだけ(笑)

読者

A04f9974 e38b 41a9 8995 7d08d78ed2286662bb11 53a1 4949 bd28 80ad8193b04e9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dE13f62be 0764 474d 88d3 3e0aece8e7c7883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e0409379db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd2293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a92398564 17人

町田康の本

ギケイキ2 奈落への飛翔

ギケイキ2 奈落への飛翔

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

前作が面白かったので手にとってみた。簡単に言ってしまうと義経記の現代語バージョンなのだが面白いのは語り手が現代に生きる?義経、というところ。この作者が凄いのは普通は「この義経はこういう設定」と説明したくなると思うのだけど、語り手が生まれ変わりなのか霊なのか、はたまた何かなのか、というところは何もなく淡々と900年前のことを義経に現代語で語らせているところ。日本の古典には面白い作品がいろいろあるけども現代語版は訳が硬かったりまたはそのまんまだったりでとっつきにくい。更に古典でありがちなのは心理描写が少ないところで、ここではそういう行間も「やだなー」とか「ムカつく」とか平易に描かれていて凄く面白い。本作では頼朝との対面から平家滅亡がほぼ数ページで片ずけられて、土佐合戦から義経が吉野に逃げて静と別れるあたりまでが描かれていてまだまだ先がある感じ。次作がとても楽しみ。

11日前

56a03690 63b8 4975 853f fac13092849bC4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c76440943 bfc8 44a0 8c4b f51706576ad0
湖畔の愛

湖畔の愛

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

恋愛小説では、ないかもしれない。 舞台のお笑い劇場を見ている感じ。 自分の読む間が面白くないと、笑えないかなぁ。

2か月前

F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf929336ecb 05ae 4a8f 8e0a bfdbbdc1e463Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92