61leoxve3pl

スコットランドの出版社に、半年前に失踪したギデオン・マック牧師の手記が持ち込まれた。彼は実直な人間として知られていたが、失踪する直前に神を信じないまま牧師... 続き

コメント

スコットランドの田舎町の牧師が失踪するが、その牧師はかつて誰も助かったことがない洞窟で遭難して3日後に奇跡の生還を果たして話題となった人物。失踪後に残されていた手記には、牧師にあるまじき行為が赤裸に綴られていた、というストーリーはほとんど手記で占められているけれど、狂言回し的な存在の出版社社長が語る手記発見のプロローグと、手記の存在を知らせた旧友のライターによる登場人物への取材記事の体裁を取ったエピローグによる枠物語になっている。この枠物語がまた曲者で、手記で語られていることが必ずしも取材の結果と一致しないために誰の言ってることが正しいのかがわからなくなる。そもそもこんな形で手記をわざわざ残すあたり、虚栄心も自己韜晦も大いにあるわけだけど、残された人物もどうなってるのか。悪魔の存在、そして牧師を試すために悪魔が出現させたという巨石。本人しか見てないのか、それとも。
ただスコットランドに詳しいともっと楽しめる要素んだろうなあ。これは読者の問題。

読者

0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e

文芸

タルト・タタンの夢

タルト・タタンの夢

698d9632 e89a 4be2 8765 f16e96860a52

ひより

図書館で、内容を全く確認せずに本の外観と題名でピンときた本を借りて読んでみよう(しかもできる限り一冊も著作を読んだことのない作家さんの作品)という個人的企画「ジャケ借り」。 この作品はとにかく題名が気になってしまって借りました。 街の小さなビストロを舞台とした、連作推理短編集。 正直直感を信じて借りて大正解でした! こういう日常の小さな謎を鮮やかに解いてしまうお話は大好物なのです。 推理小説としてのクオリティは申し分なし。 加えて登場人物の個性が際立っていて、ビストロ内での人間模様や立ち位置なんかも面白かったです。 あと、とにかくフランス料理が食べたくなります! ほとんど食べたことないけれど、未知の味を想像するだけでも楽しめました。 あ、でもチーズとワインの話の場面を読んだ後はどうしても我慢できなくて、安物だけどカマンベールチーズと赤ワインを楽しみました(笑)。 お気に入りは最後の二編、「ぬけがらのカスレ」と「割り切れないチョコレート」。 全編の中でも、謎解きと人物の心理描写が秀逸だなと感じました。 続編も二冊出ているようなので、また三船シェフの推理と料理を楽しみに読みたいと思います。

約14時間前

C42b6c13 357a 4df7 8168 77c3a8dacecaE8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1b8b153b9d 912f 460b 87ff cf2ab8fc2ad0
猫たちの聖夜

猫たちの聖夜

0b40987d 47a2 46e4 a868 7580bb71108b

wolfgang

海外のSF、ホラー・幻想小説、ミ…

ヨーロッパ映画に出てくる賢くて生意気なティーンエイジャーのようなオス猫が探偵役の連続殺“猫”事件のお話。 こういうと、動物が主人公のほんわかコージーミステリみたいですが、そういう雰囲気を求めるなら読んじゃいけないかも。事件はどちらかというと凄惨で、当時小学生だった自分にはショッキングだった記憶があります。 多分、人生で初めて読んだ児童向けじゃない海外小説。海外モノにハマったきっかけになった本です。

約15時間前

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cD8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810