418k011wytl

発行元から

力の前に滅びゆく人間の姿を描いた『イリアス』に、ヴェーユは悲惨の中になお失われない精神の向日性を見た。珠玉の名品「プラトンにおける神」ほか14篇。

目次

『イリアス』あるいは力の詩篇
ゼウスとプロメテウス
エレクトラの嘆きとオレステスの認知
『アンチゴネー』
『エレクトラ』
メレアグロスの『春』
プラトンにおける神
『テアイテトス』について
『ファイドロス』について
『ファイドロス』と『饗宴』について〔ほか〕

シモーヌ・ヴェーユの本