519hwualqjl

敗戦の開放感と新時代への不安が入り混じる'50年代。羅針盤の壊れた時代に放り出された若者達は、それぞれが思う形で「クウデタア」を実行する。漠然と... 続き

コメント

50年代に起こった青年たちによる事件を元にした物語にして文芸批評。社会と内面のズレを解消するために「行為」に走った青年たちと「文体」に走った作家たち。
小説というものの存在価値とその価値の不可能性を同時に感じてしまい虚しくなった。大江健三郎や石原慎太郎、福田章二などを読んでみたくなった。

厚さ5センチという圧倒的質量に怯まずに読んでみて欲しい。

読者

000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535 3人

コミック

つるまき町 夏時間

つるまき町 夏時間

F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1

chisato

旅好き

コマツシンヤさんの別の本を買う予定が見つからず、こちらを購入。今夏休み期間だし、ちょうどいいかなって笑 そしたらこれが大当たり!これから先、夏が来るたびに読み返したくなりそうな1冊でした。 主人公は小学生のミツル。彼の素直でおっちょこちょいでちょっと猪突猛進なところが原因で世界がピンチに! 別にドキドキハラハラの大冒険!と言うわけではないのですが、大人の目線からだと「いいよねー、夏休み!こんな夏休みが夢だったなぁ笑」なんて思ったり。なんだかあの頃の妄想がそのまま絵になってるみたいで、とても懐かしい感じがしました笑

1日前

E72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59eDdd9403f f3d5 4a33 8d9e 8248de1fa986874d4fa5 381f 468b bbba b668c3c1826d