519hwualqjl

敗戦の開放感と新時代への不安が入り混じる'50年代。羅針盤の壊れた時代に放り出された若者達は、それぞれが思う形で「クウデタア」を実行する。漠然と... 続き

コメント

50年代に起こった青年たちによる事件を元にした物語にして文芸批評。社会と内面のズレを解消するために「行為」に走った青年たちと「文体」に走った作家たち。
小説というものの存在価値とその価値の不可能性を同時に感じてしまい虚しくなった。大江健三郎や石原慎太郎、福田章二などを読んでみたくなった。

厚さ5センチという圧倒的質量に怯まずに読んでみて欲しい。

読者

000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535 3人

コミック

Landreaall 31巻 特装版

Landreaall 31巻 特装版

6bb76f7f c1e3 43e3 a499 45b3697cc43d

samantha thevasaqui

雑食

「お互いがいなくても大丈夫で、それでもあえていつしよにいるっていうのが本物だろ?」 別の本の大人カップルが12年かかって葛藤していることをバッサリ明文化してくれました(笑)どっちも好きw …ところで、ジェム浄化の方法はホントーにアレで正解なの⁇色々とオソロシイ…(笑)

1日前

ヨルとネル

ヨルとネル

0b37fba6 25c3 4780 b55c 9f4dc29d6944

massassi

ジャンル問わず何でも読みたい

小人になった子供がふたり、研究所から逃げ出して南の海へ旅をする話。4コマ漫画。逃げてるんだけど、下らないこととか、大人びたセリフとか言ってて悲壮感があまりないけど、時々せつない気持ちになるようなことも。 ふたりで逃げて海を目指すのが knockin’ on heaven’s door っぽいと思ったけど、作者があとがきに書いた影響を受けた作品には出てこなかった。 絵柄もあって全体的にあっさりしてドライな感じなんだけど、ふたりの関係がとても良くて、最後の展開がズルい。

1日前

A021efde 236c 4c38 9150 d46c55b626ce75e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec0343974a7a af02 4b08 9dc4 5536af07ca5d