41nyg2ryahl

1985年、御巣鷹山に未曾有の航空機事故発生。衝立岩登攀を予定していた地元紙の遊軍記者、悠木和雅が全権デスクに任命される。一方、共に登る予定だった同僚は病... 続き

コメント

日航機墜落という大事故を背景に、新聞社の編集現場のリアリティと登場人物達の人間ドラマがダイナミックに錯綜する。ベストオブ横山の一冊。

その他のコメント

読者

Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b11afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c8540322c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fCc6111c5 ecf0 4f94 a10c 953555dbf1d1Icon user placeholder642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74805c6a6e d8dc 4d01 9c11 096b293c0681F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 39人

横山秀夫の本

陰の季節

陰の季節

D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f9

イトウ

学生

「サスペンス」という感じではない。池井戸潤に近いんじゃないかなぁ。面白い。

9か月前

2597a767 d948 4a9f a8fb 6ae84fd53875Cc6111c5 ecf0 4f94 a10c 953555dbf1d1D0f52b3f 88d0 4b17 8e37 caccab53e24b 10
半落ち

半落ち

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

アルツハイマーの妻を殺害した警察官、梶聡一郎は取り調べでその事実を素直に認めた。しかし、妻を殺害してから自主までの間の空白の二日間は黙して語らない「半落ち」であった。彼はなぜ自殺ではなく生きることを選んだのか、そして空白の二日間に何をしていたのか、様々な人物の視点から真実に迫っていく、という話。 面白かった。少しずつ真実が明らかになってはいくものの、梶の真意はなかなか掴めない。それが気になってどんどん読んでしまう。 最後の2ページで本当に胸が熱くなった。命で結ばれた絆は強い。

11か月前

330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886fIcon user placeholderF87cced7 3b24 400e 9d4e d0d0be9c1730
半落ち

半落ち

7d9d00ec caf5 4cf6 aaf2 62048a4b367a

hanacrz

男性

梶容疑者の空白の2日をめぐり、取調官、検察、記者、弁護士、裁判官、刑務官の6人の話として進んでいく。それぞれが面白く、空白の2日の謎がなかなか解明されないままラストまで読み進み、最後は涙でした。哀しくも優しい。いい作品です。

約2年前

330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fC86bd516 73d4 455a 9921 26c1901b912d 21