41nyg2ryahl

1985年、御巣鷹山に未曾有の航空機事故発生。衝立岩登攀を予定していた地元紙の遊軍記者、悠木和雅が全権デスクに任命される。一方、共に登る予定だった同僚は病... 続き

コメント

日本中を震撼させた航空機事故
その真実とは

その他のコメント

横山秀夫ならではのリアリティ。彼の警察小説とはまた違った読み応え。

読者

18dfc70f 9cf4 4b77 9926 2ca9b6a433b858b5566d 83bb 4051 87e5 7cb861f09d66B45a3ddb 5900 4cf9 977e f56626062716Bb9ff419 ca99 4e13 acce ffc12d47e08bE7245062 a26c 4832 b620 d50414471cdd05e7d16f a937 4cb4 b53b c35cba24dc71562ef21c 005c 455a 8bf4 e7c78c7e4dbc1589ab15 bc91 4551 83ec 2a88bb4c65a3 54人

横山秀夫の本

ノースライト

ノースライト

8a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6

キムチン(Yoko Okamoto)

大阪府出身

インタビューで『家を書くということは、家族を書くということだった』と語っていた横山秀夫氏。ふむふむふむ…。ブルーノ・タウトについての本も読みたくなりました。

3か月前

1d65c4c2 df5e 4182 a2c6 ab2f3f8f31b8147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eF393a479 7e30 41bf aa55 4ea799cb29d0 16
陰の季節

陰の季節

D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f9

イトウ

学生

「サスペンス」という感じではない。池井戸潤に近いんじゃないかなぁ。面白い。

約2年前

Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c05336149bf4 1122 4a37 8522 fdd219fa50fd840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0 14
半落ち

半落ち

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

アルツハイマーの妻を殺害した警察官、梶聡一郎は取り調べでその事実を素直に認めた。しかし、妻を殺害してから自主までの間の空白の二日間は黙して語らない「半落ち」であった。彼はなぜ自殺ではなく生きることを選んだのか、そして空白の二日間に何をしていたのか、様々な人物の視点から真実に迫っていく、という話。 面白かった。少しずつ真実が明らかになってはいくものの、梶の真意はなかなか掴めない。それが気になってどんどん読んでしまう。 最後の2ページで本当に胸が熱くなった。命で結ばれた絆は強い。

2年前

D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e97262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f 8