51xqpqpciel

ケチで冷酷で人間嫌いのがりがり亡者スクルージ老人は、クリスマス・イブの夜、相棒だった老マーレイの亡霊と対面し、翌日からは彼の予言どおりに第一、第二、第三の... 続き

コメント

初夏の時期に読了
日本に住んでいながらもこれからのクリスマスの時期が楽しみになる温かい作品

その他のコメント

毎年この季節に読みたいと思って、今年初めて手に取ることが出来た。
1834年の書ということだが、その丁寧な描写にのめり込み、一気読みだった。

読者

15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21cIcon user placeholderC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acD58a0b0d e5d7 4b5f 843e 259541388591754a9910 81ca 4acb 8178 cc34bcc09b08151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241014253d4 6080 4951 9119 24735184a6962e2ba7cf aea0 408d aa3e 8b4cf0078841 11人

ディケンズの本

二都物語

二都物語

47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a

inoue

Webエンジニア

フランス革命の騒乱期、ロンドンとパリを舞台にした恋愛と冤罪の物語。ディケンズは、イギリス小説黄金期を代表する作家ですが、亡命貴族、大銀行の職員、酒浸りの法律家、革命家夫婦、墓掘り泥棒など、様々な階層の人物を一堂に並べて、その描写も非常に活気がありました。

約4年前

73d14990 ac36 4b30 842b ce8f289447865c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd