41yn 3oyoel

堀井香恵は、文具店でのアルバイトと音楽サークルの活動に勤しむ、ごく普通の大学生だ。友人との関係も良好、アルバイトにもやりがいを感じてはいるが、何か物足りな... 続き

コメント

この物語は前の住人のノートを見つけた香恵が主人公だと思っていたが、読み終えてみると香恵を通して見るノートの持ち主 伊吹先生が主人公なのかもしれないと思った。 そう考えて見ると、本当に平凡で、でもその中で色々悩みながら生きている香恵が伊吹先生を見ることによって、伊吹先生の優しくて真っすぐで、でも少し不器用な所がより綺麗に際立って見える。

個人的には、伊吹先生を際立たせるための演出なのかもしれないが、他の登場人物が魅力的に思えなかったことと、序盤でストーリーのオチが分かってしまった所が残念。 オチが分かりやすかったので、どんでん返しが来るのかと思ったら、予想通りの終わったので、期待した自分のせいではあるのだが、少し物足りなく感じた。

ただ、最後まで伊吹先生は本当に人間らしくて優しいとても素敵な人で、オチはなんとなくわかっていても、読んだ後には凄く温かく切ない気持ちになった。

全体的に本当に読みやすく、ストーリーの起伏が少なくても、引き込まれる話の進め方で夢中になって読んでしまったので、読みやすい小説だと思う。

その他のコメント

2/3読んだあたりから止まらなくなるのは良い本だなぁとしみじみ。思わず電車で泣いてしまった。

読者

D7abed11 56d6 4ea2 a846 f2c2afc481f4D7c409ad 5ff9 41cf b676 cd078bffdbc490cb0094 04da 4198 91ba eb8f84bcdb8aIcon user placeholderE5ba1bc5 2ebe 418c afed 1fea8a3b42c81f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df749ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c3 15人

雫井脩介の本

検察側の罪人

検察側の罪人

C00a5b6d 82b6 4a25 8807 f4e4043cb59e

KEITA

すていふーりっしゅ

映画で知った。正義とは何かを考えさせられる作品。一人でも多くの人に見て欲しいと思う。

27日前

677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6Bf0c5949 b450 4f44 8dd8 6236a7a65f26A889990f 3313 414b a1b1 617c76c38922
犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼

犯人に告ぐ2 闇の蜃気楼

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

かなり昔に読んだ一作目が面白かった記憶があっていつのまにか2が出てたので手にとってみました。前作で、左遷されていたのだけど毎晩テレビに登場する羽目になり最後は犯人を追い詰めた主人公、本作では神奈川県警にて遊撃的に特別な捜査を行うチームを率いている、という設定。そんな主人公が誘拐事件を任されて、という話。地元の有名企業の社長とその息子が共に拐われ、父親だけが先に解放され、特に身代金の要請がないというこの事件をいかに解決していくのか、というストーリー。警察側もそうなのだが犯人グループ、特にふとしたきっかけで道を踏み外した男を丹念に描くとことで物語に深みが出ているような気がした。最後が少しラッキーに頼った部分もあってそこは少し気になったけども次に繋がる感じで期待も持たせてあって上手いな、と思わされられた。個人的には地名も馴染みの深いところが多かったのも良かった。

5か月前

Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f562c5cbe6 cca6 4f18 9eb3 b509bb526c29