511g1vt0t6l

「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため... 続き

コメント

個人的には、続編のマリアビートルよりも好き。
ラストが秀逸、素晴らしい余韻の残し方。

その他のコメント

漫画「魔王」を先に読んでいたのでそこで登場した殺し屋達の原作グラスホッパーに先入観ありで読んでしまったのがいけないのか・・・どうも伊坂さん作品の中でも突き抜けないモヤモヤが残る。各殺し屋の描写は大好きなんだけど奥さんを殺された主人公の心の中がビシッと締められていないのが残念かなぁ。

読者

7e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d921554619D08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b04f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b434e99f068 ef0a 4b16 a58d 12701ddf814105e7d16f a937 4cb4 b53b c35cba24dc71Da3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e173613d5c 0555 43d2 9ae6 8bc83ae6842986282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c518 217人

伊坂幸太郎の本

フーガはユーガ

フーガはユーガ

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176

三才

メールを送るのが仕事です。

読み進めると、ああこの人はこういう話を描くんだった、とどんどん読むスピードは加速し物語に引き込まれる。乾いた暴力と後半の畳み掛ける展開、読ませる力すごい。 あとこの表紙がすごく好き。

約2か月前

7e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d921554619C06e79c3 63b1 4179 8ec5 2054358a9e634c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5 129
首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

最後に向かって、 バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、 1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。 途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。 めっちゃいい映画観たときみたいな。 無理矢理というか、 こじつけというか、 一見そんな風にも見えるんだけど、 全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。 登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。 「時空のねじれって、あると思うか?」

4か月前

1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c266b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aIcon user placeholder 20