41f1eiw9sjl

「二〇〇一年のクリスマスを境に、我が家の紐帯は解れ」すべてを失った"わたし"は故郷に還る。そして「バスの走行音がジングルベルみたいに聞こえだした日曜日の夕... 続き

コメント

たまたま作者の短い文章を読んだ。これから読もうと思ってる。

読者

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a637442f3 d705 4158 a9ee f0dea4ebfa5b 3人

阿部和重の本

キャプテンサンダーボルト 下

キャプテンサンダーボルト 下

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/04/22 読了 読書家の友人の評価は高くなかったが、伊坂初心者のボクには楽しく読めた。上巻からまさにノンストップ。ラストシーン、ちょっと疑問が残るが、何か読み落としてるのかな? 本を紹介してくれた友人にも感謝。

1年前

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe04850bc71 474d 43c0 a6d2 91bd9636a8efF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 17
小説の家

小説の家

B1e77ac3 9774 4347 833b 973dcb63ec50

やな

本業はシステムやウェブ、紙モノな…

白地に白インクで印刷されたページ、読むのを邪魔しているかのように模様が踊りまくるページ、手書きが混じるページ、サイズの違うページ。読ませる気はあるのか?と問いたくなる。目次はそれぞれの作者による手書き。装幀は名久井直子さん、さすがである。持っているだけでも楽しい。まだ眺めているだけだが、読めるかどうかは不明。紙にもとことんこだわりありの逸品である。

約3年前