41pjq qyitl

コメント

2018年刊行。Amazon Publishingから出ているので、現時点では電子書籍のみで出されている作品かと思われる。これからはプロの作家でもこういうのが増えていくのかな。50ページほどの短編作品。

遠いところから飛来するなにかを迎える体験。
現代航空機のスピード感では、ちょっと速すぎる気がして、飛行船とか、複葉機とかみたいなレトロなスピード感だとより心象に会う感じ。

ARでつながる時層空間の、拡散して、集中して収斂していくイメージの懐かしさ。つながる記憶と、広がる多層世界の万能感が、なんだかいい感じのお話なのでした。

読者

A66a9a37 bb1a 48b9 ba9f 9e2b9decd014821e5a20 19ab 4ec7 a4b3 167e80d468c490cb2327 e96c 476f a4df 2e5a8794307aA12a5249 b612 4153 9316 2db5f8c38361Icon user placeholder0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cDadf2b4b 0f06 43d8 811d 015eabb25fe0A7559f16 c09c 4653 ab9f 6af15d3c91ad 14人

新刊

などらきの首

などらきの首

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

比嘉姉妹シリーズの次女「比嘉美晴」謎の人物だったけれど、随分世の中斜めに見る女の子だったのだと認識。亡くなっていたよね? 琴子さんは相変わらず頼り甲斐があって。真琴さんは、相変わらず安定感がない。野崎さんの学生時代の話は(などらきの首)若い頃はこんな考え方していたのかと……。もっと昔の話を読みたい、祖父母の話は何かありそう。 このシリーズは、霊か超能力か妖怪か決めつけるのが間違っているんじゃないかと思わせられる奇怪現象にゾッとします。

約3時間前

少女たちは夜歩く

少女たちは夜歩く

328ed07f fd1e 4a0b b315 5abba972a31a

さゆりん

活字大好き

怖いのだけど どこか引き込まれずにいられない夜のお城と森イコール死者の住人たち 一人ずつライトアップされるかのように生き様が炙り出されていく不思議な魅力を持った小説

約10時間前