411n22tv9ml

都会の闇を生きてきた悪党・八神俊彦は、運命の一日を迎えるはずだった。生き方を改めるため、自ら骨髄ドナーとなり白血病患者の命を救おうとしていたのだ。ところが... 続き

コメント

東京がとても広く感じる本。

市井の名もなき悪党が巨悪を滅ぼす瞬間がとても痛快だった。

ただ、幽霊は出して欲しくなかった。

読者

Afd18f1c 2020 4007 bec7 6d9c5b85871fD6a96260 4374 4457 bdbc f362834a5e91

高野和明の本

13階段

13階段

Cf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b17527

さくチロ

読書は人生の道標☆

死刑執行までの限られた時間で無実を証明すること。最初から最後までスピード感よく、ジェットコースターサスペンス☆ハラハラ・ドキドキの連続でした

8か月前

90668aba 9e2e 482e bb0c ac1bf7ce7613811671cc 2d8e 466d 8af8 9f9d8b1ad35eC679b118 7132 4af8 91da 063ee59d4621