412n5db19el

村上春樹が人生で巡り会った、最も大切な小説を、あなたに。新しい翻訳で二十一世紀に鮮やかに甦る、哀しくも美しい、ひと夏の物語-。読書家として夢中になり、小説... 続き

コメント

作品の中で主人公が思う
「人は同時刻に二つの場所にいることができる」
そのような見方が、何より印象的でした。

その他のコメント

女の子は かわいくて 馬鹿な方がいい という文章が印象に残っている。

久しぶりに再読。読み返すたびに失った過去は取り返すことができるのかついて考えさせられる。

読者

Ebaa1b06 d245 4a4a 8a19 a4ba564fedef961fb15a 42bb 470a 8e6f 7ddee362adf0Ffd4b3fc 8068 4b0d ab21 32b2aa1def4679887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a72f526087 9792 4478 b63b dc5f9bca29cb590fa097 671e 4e31 a14c 406731ceda49Icon user placeholder3ed9eefb d1b8 4b47 b34d 213a0340ad43 81人

文芸

さみしくなったら名前を呼んで

さみしくなったら名前を呼んで

5a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d2

yukimizuirosuki

じっくり選んでどっぷり読みます

さくさく読める。物語の始まりは読めるかなー?と思うものでも、いつのまにか先へ先へ読み進めたくなっている。 ひとつひとつの話の中に昔どこかに置いてきた自分の感情がある気がする。

約7時間前

F4203be0 41e6 49bd 8c12 dc29baeda02eB376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e2429fe4976 e832 4f3e 9f69 48303809fa4f 12
新章 神様のカルテ

新章 神様のカルテ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

大学病院編。四年振りの新作というのに、読み始めたら登場人物達が脳みその奥から湧いて出てきました。 静かで遠回しな苦言とジョークをそこはかとなく吐く栗原先生に拍手喝采ですが、当の栗原先生は、そんなことしかできない力不足を嘆いている。 「真面目というのは真剣勝負」漱石好きも相変わらずです。文学的な台詞回しも素敵です。

約24時間前