51ndfgylgil

コメント

ギャツビーのことを知っていくうちに悲しくなった。

その他のコメント

夜毎開かれる絢爛などんちゃん騒ぎとギャツビーが静かに見つめる湾の向こう側の緑のライト。偉大なるギャツビー…。名文家として知られるフィッツジェラルドの最高傑作の呼び声高い本作は是非とも原文で読んでいただきたい一冊。僕の代わりに…

豪奢で絢爛な夜に潜むギャツビーの夢。物語の終盤に向けて夢が潰える様相は思わず目を覆いたくなります。
読み終えた後になってギャツビーの偉大さがなんとなくわかった気がします。
悲哀と儚さをたたえたストーリーでした。

読者

248d0eaf dc10 43d8 8345 1d2fd45a33c38f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7faA870ba17 bc2e 40f1 981d e9ce0c2c408393f78e92 3ecb 47d1 8688 3088d90302ba2010169f febe 4277 b0eb b8b0c0cf321851c1bf06 5b18 48d9 b7d0 788fc4e3b965Bf7835f2 b4cf 48bf b3e8 75b900d9c22aEf4960af ebb4 49c8 a244 db7643ea62ac 10人

フィツジェラルドの本

41wzin svrl
A8b2322f 4699 430e 8ad9 825f73982c0f

ino

Webサービスエンジニア

表題作の映画化をきっかけに作られた短編集。「ベンジャミン・バトン」は死ぬまで若返り続ける男という今ならSFカテゴリに入りそうな小説、ほかに中学生のときに書いたというミステリ風短編などやや変わった作品も入ってます。南部の美人と出征軍人たちの華やかな恋愛を書いた「最後の美女」、「夜はやさし」を思わせる流浪のアメリカ人夫妻が出てくる「異邦人」。

24日前

2466d3b9 e241 4340 b2bf e3c6ca94e223241b92b4 f866 49eb af22 943887df216cF96964de 99c8 43b1 82a0 19448e127ada