51szwu3tg1l

コメント

ケモノの城は、「消された一家 北九州・連続監禁殺人事件」豊田正義/新潮文庫 (ノンフィクション) がモデルのフィクションである。

凄惨な内容に眼を見張るものがある。生々しい描写の為、気を付けた方がよさそうだ。

警察に110番通報にて保護を求めてきた少女はマンションの一室に監禁されていた。顔や腕に複数の痣があり、サンダルから出ている足の指には爪が1本もなかった。足の指には火傷を負っており、半ば癒着してもいた。明らかに虐待が、それも長期に及んでいたことを表していた。

少女から世にもおぞましい驚愕の内容が語られる。フィクションだから書けた描写が恐怖へと引きずり込む。あなたは耐えられるか!

少女の保護をキッカケに密室で行われた凄惨な犯行の数々が次第に明らかになっていく…という物語。
フィクションでありオリジナルの小説ではあるが、事件の内容は実際に起きた北九州連続監禁殺人事件を元にしているようだ。
物的証拠はほとんど無く被害者であり加害者でもある2人の人物の供述は微妙に食い違い、事件の内容は二転三転し闇が深まっていく…。

非常に残虐で気分の塞ぐ物語だが読む価値はあると思う。
人はどれだけ誠実に凡庸に生きていてもある日突然巧妙に張り巡らされた悪意の糸に絡め取られ身動き取れなくなる時があるのだ、と思う。

衝撃的な作品でした。

ケモノは感染する。サイコパスにとって、社会なんて獲物だらけなんだろうな…

かなり衝撃的な内容
グロテスク
人間らしさとは?
気の弱い方は、読まない方が良い。

驚くことは、これと同じような事件が実際にあったとのこと。

創作の部分が、実際の事件の部分に負けてしまっている。

一気読みしてしまった。誉田哲也さんの傑作

マンションの一室で複数の人間を暴力によって支配し続けた、北九州連続監禁殺人事件をモチーフにした小説。事件の捜査員島本と、次第に事件に巻き込まれていく辰吾の視点から描かれる。
拷問のシーン、遺体を処理するシーン等怖い、とにかく怖い。それでも二つの物語がどう交錯するのか、気になって読んでしまった。ただやはり、こういう話に耐性がない人は読むべきではない。

読者

1a58a418 9404 4011 85da d661916a181f57a387f9 a406 4d2b b248 2e748f21506e33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd2921d4fd24 5544 4d9e 8717 5b812d38b6184557f884 306e 4cf5 97b1 b644d5caaf7387d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093 25人

誉田哲也の本

増山超能力師大戦争

増山超能力師大戦争

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

シリーズ2作目 超能力関連の科学技術は国家レベルとなっている中 最先端の技術開発に携わってる人が行方不明になり 奥さんから事務所に探して欲しいとの依頼がある 調査を開始すると所員や家族の周りにも魔の手が伸び始めて… 超能力ってあった方がいいのか無かった方がいいのかわからないけど あったらあったで 便利な分 不自由な気もする

約2か月前

感染遊戯

感染遊戯

497c3a12 691e 4572 a291 303879b1d338

みさ

ジャンル問わず読み

ガンテツはどうしても武田鉄矢が浮かんでくる。もちろん姫川は竹内結子 ドラマ全部見てないけど、映像が眼に浮かぶ

5か月前

0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee6ad43702 cb02 47b4 89fd 60c9f90cef4533d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902 8
インデックス

インデックス

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2017/09/19 読了 いつもの姫川と違った軽いタッチの短編集。もう一度シリーズを読みたくなりました。

7か月前

33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb378690213221468 0bd1 463a 8b9d de9ef5877c444557f884 306e 4cf5 97b1 b644d5caaf73 12
世界でいちばん長い写真

世界でいちばん長い写真

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

中学三年生の宏伸は親友が転校してしまいなにもかにも、ボンヤリしてた毎日を過ごしていた。そんなある日祖父の古道具屋で、不思議なカメラと出逢う。長い、長〜い写真が撮れるカメラだった。

9か月前