51jlm8%2bhkol

西暦2041年。革新的なコミュニケーション・ネットワークが張りめぐらされた世界はいまや、深刻なエネルギー危機に陥っていた。地球の温度は上昇し、資源は枯渇、... 続き

コメント

クリストファー・ノーランがインターステラーの次に撮るのでは?と噂されてる作品。80年代のアメリカのおたく、サブカルチャー精神満載。まだ途中までしか読んでないけど。ノーランより今なら『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガンの方がぽいけど楽しみ。
と、思っていたら何とスピルバーグが監督することに決定!

面白かったです。
古今東西、今でいうレトロゲームやすこし昔の映画作品、音楽、その他すべてのカルチャーへの愛情が込められた作品。
映画化決定しているそうでとても楽しみです。
詳しい感想は下巻で。

2015.10.21

作者と同年代の自分にとっては涙もののSF作品。ある意味近未来を予言するかのようなストーリーです。日本人お馴染みのアニメキャラも登場。今から映画の公開が楽しみ過ぎです。

読者

417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f1bf2620e cb98 4b18 b32b ccbfca9d5637Ba6f3735 afec 45f6 b78e 96c6b0ae0c66C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bEe751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113fF305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e9D5d0a73b 31a8 4b41 889a ff9497991448 7人

アーネスト・クラインの本