51jlm8%2bhkol

西暦2041年。革新的なコミュニケーション・ネットワークが張りめぐらされた世界はいまや、深刻なエネルギー危機に陥っていた。地球の温度は上昇し、資源は枯渇、... 続き

コメント

クリストファー・ノーランがインターステラーの次に撮るのでは?と噂されてる作品。80年代のアメリカのおたく、サブカルチャー精神満載。まだ途中までしか読んでないけど。ノーランより今なら『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガンの方がぽいけど楽しみ。
と、思っていたら何とスピルバーグが監督することに決定!

面白かったです。
古今東西、今でいうレトロゲームやすこし昔の映画作品、音楽、その他すべてのカルチャーへの愛情が込められた作品。
映画化決定しているそうでとても楽しみです。
詳しい感想は下巻で。

2015.10.21

作者と同年代の自分にとっては涙もののSF作品。ある意味近未来を予言するかのようなストーリーです。日本人お馴染みのアニメキャラも登場。今から映画の公開が楽しみ過ぎです。

読者

8e62ecd0 4858 4c84 bdb0 1175cb6962f6417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f1bf2620e cb98 4b18 b32b ccbfca9d5637Ba6f3735 afec 45f6 b78e 96c6b0ae0c66C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bEe751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113fF305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e9D5d0a73b 31a8 4b41 889a ff9497991448 8人

アーネスト・クラインの本

スタートボタンを押してください

スタートボタンを押してください

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

ゲームにまつわる12の作品が収められたSF短編集。 ケン・リュウ(「紙の動物園」など)や桜坂洋(「All YouNeed Is Kill」など)、アンディ・ウィアー(「火星の人」など)といった有名どころの作品は当然ながら、本邦ではあまり知られていない作家の作品もどれも個性的で魅力的だ。 これはお得感ある。 私にとってSFはどれも、現実にはあり得ないという前提からか、どこかせつなさを感じる物語で「お気に入り」の物差しもせつなさの質と量が基準になる。 その基準に従って、上記の3人の作品以外でいくつか本書から挙げてみると、 「1アップ」 「猫の王権」 「キャラクター選択」(一時期私もこういうマイルールでゲームをプレイしてました!) 「アンダのゲーム」 かしら。 ゲームにまつわるとは言ってもビデオゲームばかりでなく、どの作品で取り上げられるゲームも千差万別、荒唐無稽な設定で難解なルールもあったり、そのもどかしさがまた面白い。

3か月前

8bb0bfeb 9003 4621 9bbe fa1a2193fcf8Icon user placeholderF23507d4 4c44 4905 bd44 14be90bf1684 24