5123ycratol

コメント

着メロ、動画サイトを作った川上量生が、プロデューサー見習いとしてジブリの仕事を見て、コンテンツとは何かについて述べた本です。問題設定は、ニコ動とジブリアニメは何が違うのか、という点。実はジブリを借りたウェブ論といえるかもしれません。

ドワンゴの川上さんはジブリの鈴木さんとこで二年間行動を共にしてたんだが、その卒論的な本。
一番忘れがたいのが、初めて宮崎駿さんに会ったとき言われたセリフ「なにしにきた。ここには何もないぞ」。乾いたぞうきんを絞って、もう才能なんて残っていないのにつくり続けている、と言う駿さん。駿さんの映画に出て来そうだな駿さん!!って思ってしまった。

装丁がとても独特ではあるが、本人もインタビューで述べているとおり、これは卒論のようだ。

川上さんて、著書でもインタビューでも、とにかくいつでも自分の言葉で伝えようとするし、思考プロセスをちゃんと整理して伝えてくれるので、ひじょーに大好きです。

ものづくりにおいて、分かりやすさとか情報量、オリジナリティ、世界観、表現といった良く議論されるトピックが丁寧な論考でまとめられていて、どれも膝を打つ内容でした。

なにか企画する人は持っておくべきルールと示唆が得られる

コンテンツとは何かをここまで論理的に考えた人はこれまでいたのだろうか。非常に参考になりました。

コンテンツとは何か?なんてうすらぼんやりとしか理解してなかったので、なかなか新鮮でした。が、少しでも物を作ったことのある人ならわかりきったことを丁寧に思考していくので、ちょっと退屈でもあったりする。。

明快な「コンテンツ」「天才」の定義。

何度でも読みたい本だった

ジブリが観たくなった。川上さんが言ってる色々を実際の映像で体感したい。

読者

78682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41c47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a0857be53 5037 4f47 8418 6ec0d377595cC331661e 1ede 41aa 883b 3793cac97edeE97c46d5 15d5 4ca6 91e8 a4eb4fed9cf7404e5529 e7de 4907 bf3b 5a2a160835a5D12499a3 7577 4a9e 9ed0 5c28fedebfaf21d32b4a 9a78 4dc3 a463 0e2bb2590384 25人

川上量生の本

ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!

ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!

C5795815 5a69 444d 8159 5f1493793c9a

あつみ

働きたくない

ニコニコ動画の生みの親である川上量生が送る、様々な人々とのゲームにまつわる対談集。 話はゲームに留まらず、僕のようなライトゲーマーでも楽しめる。特に「ゲームと関わらなかった時間が、今の自分を作ってる」的な発言をする津田大介との対談が笑えた。 『鈴木さんにもわかるネットの未来』もオススメ。

2年前