51%2bpx9t8vnl

第155回芥川賞受賞作!36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。オープン当初からスマイルマート日色駅... 続き

コメント

率直に大変面白かった。芥川賞作なのに。周りの人に協調できない恵子は「企業の歯車になりたくない」ではなく、逆に「世界の正常な部品になりたい」と切望する。コンビニを「光の箱」と形容し、そのマニュアルの中で生きることがこの上ない幸せならば、37歳で独身・フリーター・処女だからって、世間との違いを気にせず好きに生きればいいのではないかと。が、かく言う私も「普通」の枠を押し付けて、経歴や性格から色々と憶測する人間だったと自戒。センス溢れる文体を維持しつつ、時に滑稽な描写で高いリーダビリティを実現している点も素晴らしい。

彼女がコンビニで働けない日がきたときに、彼女は何をするのか。
コンビニ人間としての死は彼女の人間としての生にどう影響を与えるのか。
小説ではあるけれど描かれない未来の姿に非常に興味が湧きます。

これはすごい。クレイジー沙耶香と呼ばれているのも納得。クレイジーでありながら他人とは思えない主人公に共感。我々は排除されないために、行動を選択しているところがある。

クレイジーすぎる!!

クレイジーすぎるけど、でもめっちゃわかる!!

私も多分こうなる気がする…ここまで冷静に分析はできないけど、36歳で、バイトで、その日暮らしの独り身になるんだろーなーって思う。

なんで結婚する必要あるのとか、就職する必要あるのとか、普通に思うと思う。

でもいいじゃんね。
これが芥川賞って嬉しいなぁ。

最後の流れ素晴らしかった。
結局そういうこと。
コンビニバイトだから分かりづらいだけで、これがバンドマンだったり役者だったり芸人だったりするでしょ。

たまたま稼ぎが難しいジャンルだからってだけで差別しないでほしいと私も思うよ!!

あー村田沙耶香すき!!

白羽さんにはイラついたけどね、、

登場する古倉さんと白羽さん。
おかしな人たちなんだけど、理解できなくもないし、「いるよな、こういう人。」って感じもある。
サクッと読みやすくも、「今の世の中」を考えさせられる一冊でした。

色んな人が世の中にはいて、その中に自分もいる。
この本を読んでからどんな人に出会っても
そんな人もいるよねー、と思えるようになりました。

久しぶりに、読みたい!そして買ってよかった!と思った本。心の声のままに、人と話したり行動したなら人生変わるだろうなぁ?変わった人だねって言われるかも知れないけれど、自分の足で生きてる感はあるかもなぁ。

私はコンビニ人間である。

多数派でいれば普通。
少数派のあのヒトは異質。
そんな境界線はどこにある。
若者はゆとりと言われ、中年であればナマケモノ。
異質な人間は、名称を付けられ非難されるのだ。

この世の中には不必要だ。
無言の圧が轟く世の中にあっては、どこへ存在することも許されない。

私は、コンビニでは働いていない。
しかし、プライベートに及ぶ結界が外れた時の、あの感覚を知っている。今後、どこへ行っても、あの瞬間は訪れる。

他人の心へ土足で踏み込むの解禁!!

苦しい。
誰しも、どちら側の人間にもなり得る。
さて、彼女は、この先をどう生きるのか。

気色の悪い小説だった。主人公のように客観的に自分を分析できるわけではないけれど、少なくとも共通するような部分が自分にもあるような気がして落ち着かない、

みんなある意味コンビニ人間であり、それが普通なのか?なんて自分の存在意義を見つめ直させられる本。自分のアイデンティティは何処にあるのか?1時間足らずでイッキ読み。面白いです!

普通に学校に通い、普通に就職し、普通に結婚し、普通に出産する。このレールから少しでも脱線してる人は友達の枠、社会の枠、家族の枠、常識の枠⁉︎から排除される世の中。普通なんて微妙に人それぞれ違うはずのものが、他人と共有する事で大きな形に成り得てしまう怖さ。けど、器用な人は少しでも楽に生きて行く術を感じとっていけるんだろ。生まれ持った不器用な人はどうしたらいいんだろね。

喋り方は周りの人に影響される。あまり意識しないことだけどとても共感しました。こんな人が存在するのか、いなさそうだけどいてもおかしくないようなリアリティの作品です。大変面白かった。

な、なんじゃこりゃ!!
元コンビニ店員の作者による、一軒のコンビニにまつわるハートフルなお話かな?って勝手に想像して読んだら全然違った。
味や美しさや命に執着が無い人はどう生きたらいいんだろう。
そこまででなくても、生殖と労働に興味を持てない人はいわゆる「普通」からは外れてしまうことがよく分かった。

恵子には楽しく生きてもらいたいと思う一方、自分の子供がこういう子だったら、店長になろうという向上心や、交友や見識を広げようとする気持ちを持たない子だったら、私も悩んで泣くかもしれないと思った。これは白羽の言葉だけど、「ただ息をしていたい」だなんて、そんな虚しいことを言う子、愛せないかもしれない。

主人公は自分の事を 人間としていびつだと言うが 確かに変わっているけど なぜ30代半ばでアルバイトじゃいけないのか、なぜ結婚や恋愛をしていないといけないのか、なぜみんなと一緒じゃなきゃいけないのか 誰が決めた⁈
変わり者と言うんじゃなくて個性的だと見てほしいですね

とても面白かった。
村田沙耶香さんの本は、思い出せば「殺人出産」を読んだことに最近気づいた。
「普通」の人とは違う、異常性。
異常性こそないにしろ、少数派な感覚はなんとなく理解出来た気がした。
何を基準に生きたらいいのかわからない感覚。
どう喋りどう動いたらいいのかわからない感覚。
自分感じていた「違和感」が書かれていて、のめり込むように読んだ。
最後にちゃんと何者かになれた恵子が、私は羨ましいと思った。

前半は必死になって社会に適合できてると思い込んでいる主人公で、こんな感じ方もあるんだなと思ってたいましたが、後半は「全然、適合なんてできてないよ!」って悪意が怒涛のように襲ってくるイメージ。
後半になって登場人物たちがみんなリアリティに欠ける気がして、そのせいか深く考えさせられることもなく終わりに向かいました。

面白そうと思って買いましたが、予想以上に面白かった。
序盤からワクワクが止まりませんでした。
どうなるのかな…と思いながら読み進めていましたが、ラストはそうくるのか!と

コンビニで働くことで「初めて、世界の部品になることができた」アラフォー女性の物語。
私自身、周りから「異質なもの」として扱われる古倉さんに共感してしまうところがあって、読んでてちょっと辛くなった…(全体の作風は割と明るいんだけど)。
この世界は「異質なもの」に対して排他的で、では「異質なもの」はどこに居場所を見つければいいのか?と考えると、「擬態する」しかないんだろうな、って思ってしまった。

人は自分の知る常識に、無理やり当てはめようとする。自分自身をその枠に当てはめようとしている自分に気づいてハッとした。

こうじゃなきゃいけないとか、こうしなきゃとか知らずと決めつけてたりしてたりする

前半の淡々としたコンビニの日常が好き。それが乱れて、変わって行くかと思いきや、ラストでまた日常に戻っていったことにほっとした。

読者

Ef8b1b04 ee35 434d 8327 d269a53675064486bb5d 8e5d 4271 bc93 5ee74cdc95f001067fb4 5895 4b56 ac27 7b6819b0341cD6cfad9f 7539 4187 b064 2449c9588bba35febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e4A4386cf6 0a17 4361 ac9e 4ba713b87f11Icon user placeholder323c0eab 9b93 465a 81ba 0bc9cc45f743 494人

村田沙耶香の本

地球星人

地球星人

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

奈月の持つ世界感は苦悩する少女の持つSF的空間だけれども、なんだか納得する世界だ。 確かにそうかもしれないと思わせる。 読み進めるほどに、境界線がだんだん緩んでいってしまう。 一気読みだ。 地球人じゃなくて地球星人なんだと改めて認識して、自分の固定観念も認識。

2か月前

F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c7f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176fF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 40