51%2bpx9t8vnl

発行元から

第155回芥川賞受賞作!36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。現代の実存を問い、正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。

村田沙耶香の本

コンビニ人間

コンビニ人間

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176

三才

メールを送るのが仕事です。

わたしは自分をマイノリティだと思ってるけどきっと多数派なんだろうと思わされたほん

22日前

B98d5186 6e16 44db 849c 31247722c512A4df591e d36b 4b5b bfbe 423ad64e732eIcon user placeholder 181