51%2bpx9t8vnl

第155回芥川賞受賞作!36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。オープン当初からスマイルマート日色駅... 続き

コメント

最後にもうひと展開あると思った。終わり方が尻すぼみで残念。

その他のコメント

率直に大変面白かった。芥川賞作なのに。周りの人に協調できない恵子は「企業の歯車になりたくない」ではなく、逆に「世界の正常な部品になりたい」と切望する。コンビニを「光の箱」と形容し、そのマニュアルの中で生きることがこの上ない幸せならば、37歳で独身・フリーター・処女だからって、世間との違いを気にせず好きに生きればいいのではないかと。が、かく言う私も「普通」の枠を押し付けて、経歴や性格から色々と憶測する人間だったと自戒。センス溢れる文体を維持しつつ、時に滑稽な描写で高いリーダビリティを実現している点も素晴らしい。

彼女がコンビニで働けない日がきたときに、彼女は何をするのか。
コンビニ人間としての死は彼女の人間としての生にどう影響を与えるのか。
小説ではあるけれど描かれない未来の姿に非常に興味が湧きます。

これはすごい。クレイジー沙耶香と呼ばれているのも納得。クレイジーでありながら他人とは思えない主人公に共感。我々は排除されないために、行動を選択しているところがある。

読者

2642492b ebb0 4eaa ae98 7745051d9efdIcon user placeholder56758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2cE91d09b3 2d05 4570 a069 ddc27730dbdf53b1b9fd 255b 475f 93b6 4e4ef80cf6dd8511289b 8a2d 4fa4 8680 b8977f1916360bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd175614b8d60b3 e1d9 4069 9dbe 101fd0967061 522人

村田沙耶香の本

コンビニ人間

コンビニ人間

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176

三才

メールを送るのが仕事です。

わたしは自分をマイノリティだと思ってるけどきっと多数派なんだろうと思わされたほん

16日前

0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eeIcon user placeholderF4facb9f 224a 4de9 b265 4be5da1fd6b6 180