Btn appstore Btn googleplay
51%2byeb5yk3l

「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作36歳未婚、彼氏なし。コンビニのバイト歴18年目の古倉恵子。日々コンビニ食を食べ、夢の中で... 続き

コメント

これが好き・わかってくれる人と、友達になりたい。

生き方にマニュアルがあればいいのに、
という理想を描いた小説。

(この小説の中では、)
その理想が実現されるのが、完璧なマニュアルが存在するコンビニという場所。

(この小説の中では、)
コンビニ以外の場所には、マニュアルがない(または不完全、あるいは難解、もしくは無数にありすぎる)、だから生きづらい。

みんな、自分はこれでいいのだ、と思えるようになりたい。
そんな場所をたくさん持っているほど、きっと生きやすいのだろう。

そんな人は、場所ごとのマニュアルを持っていて、上手に使い分けているのだろう。
あるいは、場所を選ばない一つのマニュアルを信じているのだろう。

そう考えると、生きづらさの要因は、
多数のマニュアルを使いこなせないキャパシティの狭さ、
一つのマニュアルを信じきれない優柔不断さ、
なんだろうな。

心がざわざわするお話でした

読んでて首を傾げたくなるような違和感を感じる。その一方で、この場ではこう振る舞うことが正解なのだろうと考える主人公に「あ、ちょっとわかる。」と思ってしまう場面も。
自分は普通だと思っている人も、そうでない人も、意外と自分を何者かわかっていないのではないかと考えさせられる作品。

最初は、コンビニのマニアルから生き方を習ったとしても、今はコンビニ店員のプロフェッショナルであり1人で生きている。
身内は、それは良しとせずにもっともっとと思うのでしょうね。
コンビニ店員のプロと認めて欲しい。
そして、1人で生きて行く事を見守って欲しい。

主人公にとっての普通はこういうことなんだなと思いました。普通とはと考えさせられる物語で伝染するというのはすごく共感できて、機械的だけども人間味があってこの世界に吸い込まれるように読みました。

とっても面白くて、一気に読んだ。うまく言えないけど、主人公の感覚に近いものが自分の中にもあると思った。

わたしは自分をマイノリティだと思ってるけどきっと多数派なんだろうと思わされたほん

久しぶりに一気に読みきった小説だった。

自分は、何に幸せを感じるか。
何を「普通」と認識するか。
歳を重ねるにつれてどんどん面倒になる社会の暗黙のルールを
ぼんやりと「仕方のないこと」と思い始めてたタイミングで出会えたこの小説に感謝…!

普通の人間として生きていくためのマニュアル。
ほとんどの人は知らず知らずのうちにそれを習得し、暮らしを営んでいるのかもしれないけど、じゃあ、あなたは普通?そう聞かれたらイエスと即答できる自信はないかも。
コンビニの店員という肩書きに守られて、この世界の普通がどういうことなのかをわからずに生きる主人公。コミカルに描いているようで、あまりにも残酷だ。

コンビニでバイトしたことがあるからか、主人公の語る価値観がじわじわ体に染み入る感じがたまらなかった。
分かるわー、いるわー、の連続。
そんなものの見方をしたことがなかったから、新しい視点をもらえたレアな本でした。
みんな普通じゃないのを必死で隠しながら生きてるんだな、という読了。

生きていればそこらじゅうで感じる同調圧力や、異質を排斥する人間の性質を見事に言語化した作品。

ただ、それが悪だと訴えたいだけの話ではないところがこの作品の面白さ。

人間の本質的な部分は現代も縄文時代も変わらないと嘆く、白羽の一挙手一投足に注目して欲しい!

人生にマニュアル本はない

だけど、学生が終わったら就職して、結婚して子供を育てるという人生を大多数が選ぶ

そんな大多数から外れてしまったふたりが出会ってなにかがはじまるかと思ったけど、、、

コンビニというあの箱を一つの世界として
生きてる、コンビニ人間の女性。コンビニの店員さんの鏡のような人。なんとなく共感できる部分もちらほらあってとても引き込まれてました。面白かった。

コンビニ人間?タイトルから内容が想像できず思わず読みはじめた。

19/1/5読了
普通なんかないのに、普通が作られている。
私の本能が向く先は何なのか?それに向き合い続けることが大事

不気味な話。けれど私たちもその不気味さを抱えて生きているのかなと思った。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder2bfdfaec ee17 4973 bf7d add662a1849aAde453e9 b312 4137 a724 9981fe0eddfdIcon user placeholder018b83c5 0668 4ed4 8ea9 38aff4a710bfDe620377 d7b3 413f 908d dc24e769262a 326人

村田沙耶香の本

変半身

変半身

26d6d996 bc9a 4c44 b38d 5a85a6a7d57e

ナオテン

30にして読書に目覚める。

世界を皮肉的に見る事は誰にでもあったのではないかと思う。 その究極はニンゲンを辞めるという事になるのかなぁと。 でも、それが出来る人は選ばれた人だと思う。言い方が悪いが狂うしか方法がないかなぁと。 集団心理で、最後の場面に自分がいたら… 小さく声を出すのだろうか? そして、急展開をする要因になる人が人格が変わったと思うのだが、これは…。 復讐なのか?金儲けか? 村田さんの作品はいつも余韻が後味悪く残るが、それが魅力の1つになってるのかも。 村田沙耶香作品を読む前の気持ちは、ホラー映画を見る前の気持ちに似てる。

29日前

4d05909f 8525 4932 9825 728a0e38713259c65d18 a9d2 457c be9b 858fe719c5bdFa2f46de 09b8 4291 8d2c 025044e17ae2
生命式

生命式

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

今の常識を超える12のストーリー。 共感できないが、何故か近未来を予感させる。とはいえ、最後の孵化で語られるコミュニティごとに違う、コミュニティが作る多様なペルソナは、現実にいくらでもある。自分も他人も多面あること、心に留めておきたい。

4か月前

Aa92e1ad 14e6 4bf5 9dbb 2567a75ff696Icon user placeholder9tzs3v3v normal 15
ラヴレターズ

ラヴレターズ

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

西川美和さんの恋文にジンときて、壇蜜さんにはゾクッとさせられ、松尾スズキさんに、ほほうとなった。俵万智さんも素敵。

1年前

24cd8fe5 25b2 4418 9d91 f795c5903414F5033446 4ee0 4d14 a715 f7ee1a7e7c6aF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0