51%2byeb5yk3l

「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作36歳未婚、彼氏なし。コンビニのバイト歴18年目の古倉恵子。日々コンビニ食を食べ、夢の中で... 続き

コメント

生きていればそこらじゅうで感じる同調圧力や、異質を排斥する人間の性質を見事に言語化した作品。

ただ、それが悪だと訴えたいだけの話ではないところがこの作品の面白さ。

人間の本質的な部分は現代も縄文時代も変わらないと嘆く、白羽の一挙手一投足に注目して欲しい!

その他のコメント

生き方にマニュアルがあればいいのに、
という理想を描いた小説。

(この小説の中では、)
その理想が実現されるのが、完璧なマニュアルが存在するコンビニという場所。

(この小説の中では、)
コンビニ以外の場所には、マニュアルがない(または不完全、あるいは難解、もしくは無数にありすぎる)、だから生きづらい。

みんな、自分はこれでいいのだ、と思えるようになりたい。
そんな場所をたくさん持っているほど、きっと生きやすいのだろう。

そんな人は、場所ごとのマニュアルを持っていて、上手に使い分けているのだろう。
あるいは、場所を選ばない一つのマニュアルを信じているのだろう。

そう考えると、生きづらさの要因は、
多数のマニュアルを使いこなせないキャパシティの狭さ、
一つのマニュアルを信じきれない優柔不断さ、
なんだろうな。

読者

C00d56c6 fc98 4bf5 b98a 83af36f5ee085cb785f6 75ed 4034 9872 f56c62ef2868C258d719 e0b7 459f ba49 d4a4b601290dB4962b8e 71f4 4017 8bd5 2d2b7d971b2a17f511b9 fa01 46a2 b3cd f360639699d8F1cf40d1 d047 4474 9bb2 4f48dddd38d6417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c6073520ad 76d6 42c6 a61a 577d771599c8 199人

村田沙耶香の本

となりの脳世界

となりの脳世界

8a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6

キムチン(Yoko Okamoto)

大阪府出身

わかる、わかるが其処彼処に。年齢忘却の日々、旅行用のすごくいい袋、など。着ない服愛好会、朝酒の会、参加したい。 幼い頃の違和感や思い出を的確に言葉にできる人だなぁ。

22日前

B1fd3374 5115 4fbb a3d4 f51e3acf2767Icon user placeholder7f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176f