51%2byeb5yk3l

「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作36歳未婚、彼氏なし。コンビニのバイト歴18年目の古倉恵子。日々コンビニ食を食べ、夢の中で... 続き

コメント

周りと違うことを自覚していながら反抗も反論もせず、周りの言動を真似ることでコンビニ店員として社会の歯車に徹する姿勢に狂気を感じ、堪らなく面白かった。主人公の無機質な性質には残虐性に似たものを感じた。特に「泣いた子供を静かにさせるだけなら簡単なのに」という表現には鳥肌がたった。

その他のコメント

生き方にマニュアルがあればいいのに、
という理想を描いた小説。

(この小説の中では、)
その理想が実現されるのが、完璧なマニュアルが存在するコンビニという場所。

(この小説の中では、)
コンビニ以外の場所には、マニュアルがない(または不完全、あるいは難解、もしくは無数にありすぎる)、だから生きづらい。

みんな、自分はこれでいいのだ、と思えるようになりたい。
そんな場所をたくさん持っているほど、きっと生きやすいのだろう。

そんな人は、場所ごとのマニュアルを持っていて、上手に使い分けているのだろう。
あるいは、場所を選ばない一つのマニュアルを信じているのだろう。

そう考えると、生きづらさの要因は、
多数のマニュアルを使いこなせないキャパシティの狭さ、
一つのマニュアルを信じきれない優柔不断さ、
なんだろうな。

読者

88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c4a3d27f9 e21b 4dde 8312 996465320dbf2eb75655 06d4 4cff a52d 2689f11d5dbc2cb5b581 20be 4158 85d4 1f1a29ad5c5851719c79 83ea 4338 b822 8cdc3aa5e49483795311 5f0e 4f67 8788 7739420a7d01A4d3baf5 2021 4dee 9117 00ea6ca7b08b5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f 260人

村田沙耶香の本

ラヴレターズ

ラヴレターズ

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

西川美和さんの恋文にジンときて、壇蜜さんにはゾクッとさせられ、松尾スズキさんに、ほほうとなった。俵万智さんも素敵。

6か月前

F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b
となりの脳世界

となりの脳世界

8a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6

キムチン(Yoko Okamoto)

大阪府出身

わかる、わかるが其処彼処に。年齢忘却の日々、旅行用のすごくいい袋、など。着ない服愛好会、朝酒の会、参加したい。 幼い頃の違和感や思い出を的確に言葉にできる人だなぁ。

8か月前

D475a477 8578 4ee3 863b 5a9db0011a7dIcon user placeholderB1fd3374 5115 4fbb a3d4 f51e3acf2767 9