51g2qnjpsul

1888年、フランスに滞在していた画家のゴッホは、己の片耳を切り落とす――現在でも語り草になっているこの衝撃的な事件はなぜ起きたのか? イギリスの気鋭の歴... 続き

コメント

ゴッホと言う一人の人間を再発見できる本である。

書き方が独特なのか、訳が独特なのか分からないが、少し読みにくさを感じた。(一人称がゴッホになったり著者になったり)

ゴッホの新説に興味がある人は是非!

読者

B202f626 0795 4027 99ca 47cba8606095Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de53221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e5b7f5eb1 8b9d 4e84 9650 1b5e4f72ae66Icon user placeholderBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311B13d8520 e928 46a8 8042 e946b9fcd72f5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be 21人

ノンフィクション

理系あるある

理系あるある

6603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1

Tomoko

こんにちは

「このキムワイプで洟をかむと、繊維が硬いので鼻がこすれてヒリヒリします。」(70ページより)

6日前

人体はこうしてつくられる――ひとつの細胞から始まったわたしたち

人体はこうしてつくられる――ひとつの細胞から始まったわたしたち

24249490 c6b8 4eef a753 5e6fc02be739

まるさん

15万人施術した 背骨とお話しす…

ひとつの細胞から人体となり、老いて死することについての科学的分野である発生学をまるで、旅をするかのように書き綴ったもの。 細胞同士は互いにコミュニケーションを取りながら、自らがその器官になるべく場所を決め、形となっていく。その成り立ちが見事なまでの仕組みとして人体には備わっている。 発生学は、一般人には馴染みが薄いが、ひとつひとつの細胞に愛おしさを感じさせ、自らの肉体を癒すきっかけをくれる。多少難解な言葉もあるが、読み飛ばしながらでも、興味深いことがたくさん書かれている。

7日前