51gjyy0ridl

コメント

なにげに、興味が わき、手にとって読んでみた。

冒険モノの 小説は それなりに 読んできた

が、

まったく弱く弱く 思われてる ゴブリンなるモンスターをピックアップした作品。

弱きモンスターは したたかである ずる賢く考える 弱きもの も 数が集まれば力を もち脅威にも、、、

そんなゴブリンを倒し殺す事を 仕事として使命としていっている主人公!
ゴブリンが いれば、村が滅びる
だから、倒し殺さなければ ならない!てな心情で動く!動く!

読めば、読むほど なんか考えさせられたかな

興味もたれれば 読んでみるのも良しですぞ

その他のコメント

「ゴブリンを狩る者」=「ゴブリンスレイヤー」が主人公。
物語内の冒険者ギルトでは、もちろん魔神やら悪魔のような強大なモンスター討伐の依頼もある中、主人公は最弱クラスのゴブリン討伐だけを請け負っていきます。
それは世界を救うことにはならないが、村や人々の生活を助けるという行為でもあり、主人公はゴブリン討伐だけで上から三番目の冒険者称号を得ています。
一匹残せば、その一匹が成長し、また村を襲う、だから子供のゴブリンであろうと容赦なく殺す。
ゴブリンスレイヤーの物語中盤での言葉。
「つまり俺は、奴らにとってのゴブリンだ」
彼の過去、そして今の彼とこれからの彼が見える言葉です。

読者

133cb222 9dc6 4940 abfd 10626929da7d87ce551b a6de 493d ae5f 881d51573ae5

新刊

スガリさんの感想文はいつだって斜め上

スガリさんの感想文はいつだって斜め上

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

主人公の須賀田綴(通称スガリ)は言葉に対する裏の意味まで考える洞察力を持つ少女だと思うけど せっかく可愛いのに 変わっているのが良いんだか悪いんだか ただ彼女のその能力に救われている人がいるので 部活の立ち上げは是非叶えてあげたい 本の読み方が変わりそうです

約2時間前

Ff6412c3 1eed 48fa 9def f8fa740df82bBbd84f66 855e 46ac a809 047007f0424eE0d88736 c5b5 4929 a40e 396c3ca8a50e
雪が白いとき、かつそのときに限り

雪が白いとき、かつそのときに限り

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

雪に閉ざされた密室の中で死んでいた一人の少女。 5年後、生徒会長の馮露葵は、友人の顧千千共に事件の謎を解くべく動き出す。青春の蹉跌と絶望を描いた佳品。 中国人作家による本格系学園青春ミステリ。学園ものなので、固有名詞置き換えたら、日本の話としても違和感なく読めそう。 書店でなかなか探してもないなと思ったら、ポケットミステリレーベルから出てた。縦長の判型、黄色い小口が青主体のカバー絵とマッチしてなかなか良い感じ。絵師ガチャにも成功していて、これは欲しくなる装丁だと思う。 これからの季節に読みたい一作。 姚漱寒の静かな諦観が心に染みる。人生最高の時を過ぎても人生は続いていくと言う事。彼女の昔の話を読みたくなる。

約10時間前

創作する遺伝子

創作する遺伝子

Cfcac1ce 1906 4eb5 b246 12ed0104cd61

Toyohiro Kanazawa

ジャンル問わず

私は何かを創造する。作るときには小島監督をイメージする。あの人ならどう考えるだろうかと、考えずとも意識していると思う。ヒデラジで聞いたものづくりの考え方は殴られたような衝撃とも、頭のモヤを風が吹き飛ばすような感覚だった。そしてまた、この本で書かれているMEMEが私に新しい考え方を与えてくれた。このMEMEが私に繋がったのなら、私もまた誰かに繋げられるだろうかと考えてしまう。

約20時間前

F3aec797 3a68 4c8c ba6e c66c7e49ddd13a6b6ca3 7f23 4caf a6e7 9e31a80351cc