51ph7ddxhql

仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。昔話をしたいわけでもないようで、森... 続き

コメント

スピード感あって読むと止まらなくなった一冊でした、一市民の主人公が大きな巨悪に立ち向かう、という設定だからなのか、読んでて感情移入が凄かった

その他のコメント

痴漢に間違われたら…

流行りじゃないけど、とにかく逃げろ!!

よいしょー、と大きく広げた風呂敷をパタパタと綺麗に手際よく畳んでいくような見事な小説。

読者

E39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007bEf51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9Icon user placeholder9439133a 8bb8 4e2b af22 399e5cfd116aIcon user placeholder3b6bd81f b3fb 492d b24a 5ae11b34c771A621e03d 92a8 47fd a1ee 1402be506986Efd7ed5e 4555 4fe6 ac1f 2c3b94ba4f51 83人

伊坂幸太郎の本

フーガはユーガ

フーガはユーガ

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176

三才

メールを送るのが仕事です。

読み進めると、ああこの人はこういう話を描くんだった、とどんどん読むスピードは加速し物語に引き込まれる。乾いた暴力と後半の畳み掛ける展開、読ませる力すごい。 あとこの表紙がすごく好き。

約2か月前

C18883f0 3236 4314 a8fd b1f49ef853cc4fce670e 6049 4aa0 8bcb 05ec248d276f243c4d95 2c31 41f3 812d 2ee3122abdc5 122
首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

最後に向かって、 バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、 1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。 途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。 めっちゃいい映画観たときみたいな。 無理矢理というか、 こじつけというか、 一見そんな風にも見えるんだけど、 全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。 登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。 「時空のねじれって、あると思うか?」

4か月前

1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c266b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aIcon user placeholder 20