41m168noi6l

衆人環視の中、首相が爆殺された。そして犯人は俺だと報道されている。なぜだ?何が起こっているんだ?俺はやっていない-。首相暗殺の濡れ衣をきせられ、巨大な陰謀... 続き

コメント

その他のコメント

小説を読んでいるのに映画を見ているような洒落込んだ会話、疾走感が伊坂作品の真髄だと思っています。

大きな抗えない力で潰されてしまう時、小さな意思が集まっても、臨むゴールをつかめない。
そんな中で見つけた抜け道に必死に喰らいつく様が無様に、格好良かった。
小さな意思を受け止めて、生へのエネルギーに変わっていくことに感動したし、最後は涙が出そうになった。

読者

E34c36cf 4c3f 4c0d 90d4 34d2aa6aac4294c036c0 adbc 4c28 9dc8 6b5c563bea906d026c70 e564 4a03 aef8 2ca376b424f1Icon user placeholder994e4877 2baa 4443 953d 8efec2a34d2c8ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184Icon user placeholder64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a 148人

伊坂幸太郎の本

アイネクライネナハトムジーク

アイネクライネナハトムジーク

00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10

ほんのむし

2019年198冊目。映画を観る前に〜と思って読了。伊坂幸太郎って、読み終わった後に相関図書きたくなるよね。書いて、あ!ここもつながってる?!ってなるのまで全部含めてたのしい。

約1か月前

Icon user placeholder4582b428 68ee 4f2f 9084 89cc500ba80a20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520 180
グラスホッパー

グラスホッパー

64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a

HSSISOLATED

人生で何度目かの読書熱

残酷さがある物語ではある。それでもどこか登場人物には善良さを感じてしまう部分が残されている。残酷さと善良さの狭間に立つ普通の主人公「鈴木」も日本で最も多い姓名の一つでもあり、残酷でもないしかし善良さも失った普通の匿名的男性という構造なのだろうか。物語としては面白い。でも残酷。

3か月前

3825485c 05d6 418c 892c 9aa0ec09bed7A8948189 ce2a 4246 b1c9 0a1e9f256fa38ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184 25
クジラアタマの王様

クジラアタマの王様

2bbaa9ff 7cdd 435e b54c 9613d2dbf7a0

Ataru

水もしたたる、トキントキンの、O…

いい意味で伊坂幸太郎らしくない本だと思います。パラレルワールドものですし、あんまり凝った伏線もありません。主人公たちにちょっと特殊な設定があるっていうところくらいが伊坂幸太郎らしい部分でしょうか。前半少し間延びしますが、後半の面白さはさすがです。トラブルに立ち向かうべきは夢の中でではなく現実においてなんだ、というところに感動しました。伊坂幸太郎って実直なんですね。

3か月前

Fefedcb5 011a 481e 90e8 c85bf185f6288210e25f d30f 4927 97af a6cd3a0c31e8801196d5 8c77 4f11 b225 35cc4b0d120e 21