51zitervkxl

発行元から

築地市場から密漁団まで、決死の潜入ルポ!

アワビもウナギもカニも、日本人の口にしている大多数が実は密漁品であり、その密漁ビジネスは、暴力団の巨大な資金源となっている。その実態を突き止めるため、築地市場への潜入労働をはじめ、北海道から九州、台湾、香港まで、著者は突撃取材を敢行する。豊洲市場がスタートするいま、日本の食品業界最大のタブーに迫る衝撃のルポである。
〈密漁を求めて全国を、時に海外を回り、結果、2013年から丸5年取材することになってしまった。公然の秘密とされながら、これまでその詳細が報道されたことはほとんどなく、取材はまるでアドベンチャー・ツアーだった。
ライター仕事の醍醐味は人外魔境に突っ込み、目の前に広がる光景を切り取ってくることにある。そんな場所が生活のごく身近に、ほぼ手つかずの状態で残っていたのだ。加えて我々は毎日、そこから送られてくる海の幸を食べて暮らしている。暴力団はマスコミがいうほど闇ではないが、暴力団と我々の懸隔を架橋するものが海産物だとは思わなかった。
ようこそ、21世紀の日本に残る最後の秘境へ――。〉(「はじめに」より)

【編集担当からのおすすめ情報】
『ヤクザと原発 福島第一潜入記』『潜入ルポ ヤクザの修羅場』など、暴力団に関する潜入ルポで知られる著者が次なるテーマに選んだのは、サカナとヤクザという意外な組み合わせでした。サカナを食べるとヤクザが儲かる――ウソのような本当の話を、足かけ5年に及ぶ徹底した現場取材で明らかにしていきます。築地市場への潜入記から密漁団への突撃取材まで、緊迫感に笑いが混じる独特の現場描写こそが、本書の読みどころだと思います。

鈴木智彦の本

全員死刑: 大牟田4人殺害事件「死刑囚」獄中手記

全員死刑: 大牟田4人殺害事件「死刑囚」獄中手記

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

2004年福岡県大牟田市で実際に起きた4人連続殺人事件の実行犯手記、この事件は暴力団を家業とする一家が知り合いの貸金業者及びその知人(巻き込まれ)から金を奪うために強盗殺人を行い、その後逮捕された家族全員が死刑となった事件。地方都市特有の車社会の荒涼とした風景よりも更に荒れた犯人の心象風景いや荒れたというか「人生土左衛門」根本敬ばりの計画性もあったものではない行き当たりばったり犯行と物騒な台詞のあとに付く妙にやさしい感じの語尾の「ネ」に恐怖を感じるネ。 「母ちゃん、俺がコレで絞めて殺ってやるけ。安心せんネ」

約2年前

Icon user placeholder7c1b1289 399e 445f a1a7 2eea4c2ebab4Ba6f3735 afec 45f6 b78e 96c6b0ae0c66
ヤクザ1000人に会いました!

ヤクザ1000人に会いました!

D537d324 5b57 4281 92af 0b4829be4e52

お茶子

本がたくさん並んでいるのが好き

ヤクザはVシネじゃー語れないですね。 本物はもっと現実思考です。 笑えるエピソードから笑えないやつまで!この記者さんは危ない橋渡ってますよ。 警察もヤクザ追うとヤクザみたいに見える格好するらしいですけど、記者もそうなんですかね。 お気に入りは俺の女になれと告白するところで婚姻届を持ってきたヤクザさんですね。どうですなんか憎めないでしょ(笑)

4年前