41877inpyol

ぼくに与えられた使命、それは勝利のためにエースに尽くすこと-。陸上選手から自転車競技に転じた白石誓は、プロのロードレースチームに所属し、各地を転戦していた... 続き

コメント

読んだ後に前向きな気分にさせてくれる。
力強い先輩の言葉がとても印象的。
ロードレースの臨場感、選手の精神力の強さを感じることができる。自転車に乗っている人にオススメしたい。

その他のコメント

自転車レースという日本ではまだまだマニアックなスポーツを題材にした作品ですが、非常に面白いシリーズです。
知力、体力に加え激しい闘争本能も必要なレースに興奮します。

ロードレースを舞台に、上手いことミステリーが絡まって、非常に面白いです。
これを読んで、ロードレース中継を見るのも楽しくなりました。

読者

Dfef7516 1e74 450e be73 a1a3de27c93eBe0231c5 4297 4762 97b0 af5f62ea44b138aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21Icon user placeholderC86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c7Icon user placeholderIcon user placeholder8d11704f 20f5 451e 9fed 5234b3ff42b7 45人

近藤史恵の本

みかんとひよどり

みかんとひよどり

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a

まる

発芽マニア? 旅と文庫本と熱帯…

タイトルと表紙に惹かれて購入。京都のフレンチレストランのシェフが物語の主人公。ある日愛犬ピリカと山に野禽の狩猟に出かけ遭難しかけたところを猟師の男に助けられたところから物語が始まる。主人公は35歳、猟師の男もほぼ同じ年という設定なのだが、最初の頃はずっと年上の中年の男を想像して読んでいた。主人公のシェフは地元の人間ではない設定なのでそこはいいとしても、物語の舞台は京都なのに登場人物は誰一人関西弁? を話さない。そこに代表されるように、登場人物一人一人の背景があまり深く描かれていない気がする。特に猟師の男。なぜ一人、山奥に暮らし、狩猟を生業としたのか。一応サラッとは触れてはあるのだが、もっともっと深くえぐってほしかった。全体的に物語に厚みが感じられないのだ。できれば、そこら辺を続編(が出ればの話だが)で描いてほしい。とはいえ、物語に登場するジビエ料理にはそそられる。以前からジビエに興味があったので、これを機に一度食べに行ってみようと思う。それと著者の「タルト・タタンの夢」がずっとKindleの中で眠っているので、これも読んでみようと思った。

4か月前

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4
アンソロジー 捨てる

アンソロジー 捨てる

F7a34118 bf8f 4ec5 b203 771c604ed64d

福猫

本好き、猫好き よろしくお願いし…

貴方には捨てたいものがありますか? あります。誰の心の中にもありますよね? 怖くて、面白くて、ゾクゾクします。

8か月前