Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51msnnvzg7l

コメント

ジャレド・ダイアモンドにスティーブン・ピンカー、ダニエル・カーネマンにスティーブン・ドーキンスにレイ・カーツワイル……上記のような優れた著作家の名著がごった煮になったような本だ。「○○の世界史」50冊分の密度。この著者のオリジナリティはあまり感じないが、「認知革命」「農業革命」「科学革命」といった区分でサピエンスの歴史を見事にまとめてみせた力技には圧倒される。

その他のコメント

ネアンデルタール人などのライバルを抑えて、ホモ・サピエンスがなぜ地球の覇者となれたのかを、常識を覆すような論点からこれでもかと繰り出してくる本。虚構を信じ、共有できるとちう認知革命がホモ・サピエンスとライバルの近縁種の運命を分けたことに始まり、農業、宗教、貨幣、経済、科学などさまざまな革命がホモ・サピエンスをここまで発展させてきた。
愛情や信心、社会性などなどに対するそれこそ身もふたもない分析が随所に見られるが、そこにこそこの本の価値はある。例えば、貨幣は悪ではなく人類の寛容性の証だという話も一見は信じられないが、アメリカ嫌いのテロリストも喜んでドルを受け取るという苦笑いするしかない事実。
目から鱗が落ちるとはこういうことをいうのだろ。しかもボロボロと。

サピエンス全史読み終えた。言葉や制度の虚構から現実が構築され、また虚構、現実と循環。高度な虚構を築き上げる一方で、実は幸福度下がっているという裏腹。深堀しすぎず読みやすい。編集力の高さだな。中沢新一、ニーアル・ファーガソン、ダイアモンド・ジャレドなどミックスした感じ

読者

7b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea4B32c5f49 cbe0 40c0 b191 a7bcb64a3eae3fbabf60 7deb 4074 90ac 00441c40127a71791768 adcf 4707 b0c9 fca0fb14ee41Icon user placeholder35febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e4Icon user placeholder2a424aa4 a0ed 4638 9c9a da9203ffa4ed 75人

ユヴァル・ノア・ハラリの本

サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福

F6d6cf63 0cdf 4224 af5f e4b71a2c3e78

いちぎょう

読みたい本が次々増えて困る。

ボリュームはあるが、文章は読みやすく、何と言っても面白い。 人類史上最大の発明は貨幣である、とはどこかで聞いたことがある。 硬貨や紙幣にはモノとしての価値はあまりない。 それなのに全ての人が貨幣は何らかの物品と交換できると信じている。 ある意味、貨幣は神より普遍的に信じられている。 この、フィクションを信じて共有することが、文明の発達を進める力となった。 その力はこの先人類をどのように変化させるのか。

12か月前

8fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766deIcon user placeholder85b0508e bc7d 47ed a968 8716313bbc4b 11