51oiig3u 6l

コメント

はぁー読み終わった。メタ視点での「サピエンス」の歩みの捉え方、その全てが肯定できない感情が存在するが、それを己が人生に押し込んで行かねばならぬのだろう。「人生論ノート」など哲学書とともに読むのが良いと思う。

この本を読んで、一番感じるのはやっと読み終わったという達成感。面白いけど、内容が盛り沢山で、頭を使ったなぁと。

下巻の内容は
人が自らの無知を認めた上で、新しい知識の獲得を目指すようになった科学革命(それまでは世界の全ては神によって知られていると考えられていた)。
科学革命は帝国主義、資本主義と結びつき、より多くの富をもたらした。しかし、人は本当に幸福になったのか。そしてこれからどこに向かっていくのか、
といったもの。

最後に書かれた著者の問いは、「私たちは何を望みたいのか」だったが、そもそも望んだものを手にした結果、人は本当に幸せになれるのだろうか。また、後の人はそれをどう評価するのか。人類の未来への問いは尽きない。

次の言葉が印象に残った。
「歴史の選択は人間の利益のためになされるわけではない」

前巻同様面白い。というか、前巻を踏まえてさらにスケールアップした見解だった。
資本主義という名の宗教を信仰する現代人、自分自身を新種の生物に変容させるかもしれない特異点の存在など、興味深い。
一度読むだけでは殆ど理解していないのだろうと読み終わってからそう感じる。もう一度手に取る機会を作りたい。

エネルギーは尽きることはない。心配するな。新たな発見がある。ブッダは何を思ったのか。それが木になる。気になる。

私たちは何をのぞみたいのか?
この疑問に応えられない、あるいは対話を行わない限り、人間はその欲望にどこまでもひきずられるのだろうか?この本が実際に書かれているのは2011年。そしてトーマス セドラチェクが「善と悪の経済学」を出版したのも同じ年。その翌年がピケティのあの資本論。アカデミズムの場から始まった警告は偶然ではないのかもしれない。

「上巻」だけでも、お腹いっぱいな感じだったけど、「下巻」も別腹の面白さがある。

近代に入ってから、現在と未来まで一気に駆け抜ける爽快感は、中々、普通の本では味わえない。

これは多分、五年とかに読み返して面白いヤツだわ。

売らずに本棚にしまっておきたい。

読者

Icon user placeholderD712c206 78c0 44ff af6c 84b3d20b4d8fEe621c02 f1ea 4d7b b6fe 5995342c33846049f0b2 69fa 4275 a0ae 60d45f7ae0a8C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb4635934bab d113 451f ae9a 9af0f7411cafEa1a88e7 fcad 4e80 ba61 58a14adb94e30970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a 84人

ユヴァル・ノア・ハラリの本

サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

これはベストセラーになるのも分かる。タイトルでお恥ずかしながらピンときてなかったのですがサピエンスとはホモ・サピエンスのことで我々が他の似たような動物達と違ってどのようにして今のような繁栄に至ったのか、を書いているいわゆる「通史」になるのかな。表現が分かりやすく例えや引用も適切で非常に面白い。農業革命に対する独特な見方とか宗教の役割、ずっと辺境で目立つことのなかった西欧が何故覇権を得るに至ったのか、などなどよくもこれだけ広範囲の知識を分かりやすく説明できるものだと感心しました。作者曰く現代は人類が革命的に発展するかもしれない段階に来ているらしくその将来展望はいかに…ということで次作も思わず買ってしまった(笑) こういう作品って往々にして分かりやすすぎるが故に作者の意見を丸呑みしてしまう危険があると思っていて多少懐疑的な目で読んだつもりなのだけどおかしいところとか破綻してるロジックが見受けられず素晴らしかった。次作を読むのが今から楽しみ。

3か月前

Ae717e1d b3f0 4ec2 960d c0d39158f6777ecd3867 4232 4a75 8738 cbe1e11b727cIcon user placeholder 23
ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来

ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来

0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e

fuku

設計事務所勤務ゴミリーマン/元ク…

飢饉と疫病と戦争という最大の敵を、現代人は克服しつつある。では敵を打ち負かしたあとはどうする? 資本主義と共産主義が対立して、共産主義は敗北した。その後資本主義はどうしたか。さらに資本主義的発展を推し進めている。人間が今後向かうのはそれと同じこと、つまり敵がいなくなった人間は、その存在条件をもっと有利にすることを目指すだろうと著者は予測する。それは死から逃れること、至福に至ること、そして神に到達することなのだとか。 虚構という物語を通じて協力しあうことで覇権を握り、地球上に君臨してきた人類は、人間至上主義といういわば宗教を通じて敵を封じ込めたあとはどこへ向かうのか。 進化や変化の激しい現代は、これまで以上に未来を正確に予測することは極めて困難だが、過去の未来予測とその結果を辿ることで、おぼろげながらでもそのスケッチが描けるだろうというのが著者の見立て。 上巻は、スケッチを描くまでの振り返りが主になるが、前著『サピエンス全史』同様身も蓋もなくカミソリで切り裂くような分析に満ちていて、読んでても「あー」しか出てこない。下巻が怖いが上巻ともどもページが止まらないだろう。

6か月前

Icon user placeholder1683d5b1 7d4d 4689 a7cc c83ec99cde494d0235f6 d13c 4c9c bead 1a6b3560e431 68
未来を読む AIと格差は世界を滅ぼすか

未来を読む AIと格差は世界を滅ぼすか

C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa

高橋太介

最近読書の素晴らしさに気がつき、…

世界的に著名な研究者との対談集となっています。 皆々専門分野は違いますが、彼らの見解からは巨視的な視点から世界を捉えていることが伺えました。 その中には、AIと人類の共存の可能性や人生100年計画など、今現在からすると想像しにくいトピックもありました。しかし、それと共に危機感を持って行動することは私達に出来る唯一のことなのかと感じました。

10か月前

F1e4dc23 167e 4f39 8e26 6b7568e2eb51B2ad83d8 5ff7 47e9 99e4 d699b3b88da3D35676fc 436e 48c3 b25b 7e8405e7ef23 11