51hk22pju7l

陣内さん、出番ですよ。 『チルドレン』から、12年。 家裁調査官・陣内と武藤が出会う、新たな「少年」たちの物語。 伊坂幸太郎、書き下ろし長編。 続き

コメント

伊坂幸太郎さんの新刊「サブマリン」私が母に読むのすすめられて読んだ「チルドレン」また陣内に会えるとは思わなかった。
チルドレンを読んだ人には懐かしさが。でも何か穴が空いたような気持ちになってしまう…そんなサブマリンをぜひ読んでほしいなと思いました。

その他のコメント

伊坂幸太郎、大人の無限階段を一段登ったな。という印象。

文庫になってる本は、勧善懲悪に近いスカッと感で読んでたけど。

珍しくハードカバーで読んだ、この本は、
もっと現実の複雑さをガッチリ受け止めて自分で考えないとイケナイ内容だった。

悪いことがあったその先の先に何が起こるのか?

現実をシッカリと受け止めないと先へ進めない。

いま自分が悩んでるいる事を少し年上の人達から解決の尻尾を見せて貰えたような有り難みはあった。

大人として伸び伸びと成長して行く為の書き下ろしなのかしらん?

罪を償うってどういうことなのだろう。人を死なせてしまったら、取り返しがつかないけど。
忘れてはいけない。忘れられては困る。忘れられない。

読者

87c8b06b c0fc 4359 8e07 d89bb8c7d1fa07481935 d34a 4f94 8c18 6247d9892169Bd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b2A3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c2F43ccd27 5c18 4219 9719 a64bb0dc0f4d9e661d82 108e 4669 bc51 cad5e5d262501ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5f5cef2405 2710 4cb7 89d6 a4e067fea66d 56人

伊坂幸太郎の本

砂漠

砂漠

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

キャンパスライフの醍醐味はこうゆうとこだと思う。勉強、バイト、旅もいいが、感性の違う友人と仲を深めることで、自我が芽生えて、本当にやりたいことを見つけられる。 本当にやりたいことをそれぞれが本気で取り組めれば、世界が変わる。 なんてことは、まるでない。

8日前

32bb3f83 409d 455f 9519 cd67a2bb78af253143cf 34a1 4879 856d 81378d299d2dCfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093 28
サブマリン

サブマリン

62f74644 2d77 4649 b9b3 081373fb01e3

nana

社会人三年目

2019-5-19 読了 陣内さんすき!! チルドレンを読んだのはだいぶ前だから 読み直したいな、と思った 読んでないのあるのに、すぐ伊坂さんに手を出すよね〜

約1か月前

4225c5c8 10f3 48ed bf29 51aa6fcaa35a7a3e12bb ac30 4cd6 af04 75630ec592576ccbbf35 c0dc 4d81 85fb 55865f7cce06 15