61apsnxwkpl

西加奈子作家生活10周年記念作品 1977年5月、圷歩は、イランで生まれた。 父の海外赴任先だ。チャーミングな母、変わり者の姉も一緒だった。 ... 続き

コメント

上巻は安定して読み進めました。
下巻で加速度が増します。2018.2

その他のコメント

西さんの10年を、これでもかと見せつけられた。
色んな伏線が、果たして下巻でどう回収されていくのかな。期待。
”僕はこの世界に、左足から登場した。”

人がもつ個性だとか、信念って、こんなにも人に影響力をもたらすのか。
とにかく濃い、とことん濃い。
大好きな一冊になりそう。

読者

Icon user placeholder20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a5203d5cfea1 eb01 4487 b900 3168fe8b65785aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beCdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 167人

西加奈子の本

おまじない

おまじない

00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585

ソヤマ

大学生 22歳

まだ読んでいる途中だけど。 帯の「あなたを救ってくれる言葉が、この世界にありますように。」という作者の言葉が、この本を表しているなあと思う。 社会から生み出される「正しさ」は、確かに筋が通っていて圧倒的に正しくて、しかもこのSNS時代、国民総ライター時代には何度も何度も正しさがいかに正しいかぶつけられる。 だからこそ、正しい考え方にしんどくなってしまったり、押しつぶされそうになることがある。その逃げ場として、この本がある。 今の社会に基づいた、現代を象徴する一冊だった。

約2か月前

9eec3f86 96af 4ac8 8b0a a8faaacce4cfIcon user placeholder28152936 0cef 4431 8f58 9f531d6d7601 38
絵本 きいろいゾウ

絵本 きいろいゾウ

1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585

yosshy

ただの心臓

登場人物(人ではないものも含めて)がみんな個性的で素敵で愛おしく思えてきます。それぞれがしまい込んだものを持ってる上で現在があって、表面上は見えないけどまだそれが生々しく存在してることがありありと感じられる、そんなお話でした。

約2か月前

サラバ! 下

サラバ! 下

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

一気に読めました。 楽しかったし、興味もそそられた。 ただ、上中下とも表装が好きじゃない。 物語は良かったよ。

3か月前

101f1fe9 aebc 4e49 9b39 0cd04b237a21Icon user placeholderA010998d 8057 445f 99e9 2defeb8b630a 49