61x3y2isg6l

本年度最大の衝撃と感動。 一家離散。親友の意外な行動。恋人の裏切り。自我の完全崩壊。 ひとりの男の人生は、やがて誰も見たことのない急カーブを描い... 続き

コメント

何かに囚われない、自分にとっての今を懸命に積み重ねていかないといけない。

いつだって、どんな時だって、正面向いて、おへそ突き合わせて、向かい合おうとしなきゃな、上手くいくものも上手くいかないんだ、きっと。
左足から歩き出す歩の今後にとっても期待。

自分が自分であることを、自分でしかないことを信じる力を持ちたいな〜

「信じる」って多分、自分自身の中に貫く一本の軸を見つけること。
ぶれたり、折れたりしない、真っ直ぐな軸を見つけること。

あなたが信じるものを、誰かに決めさせてはいけないわ。

なんかめっちゃ感動してしまった。
これ以上ないと言うくらい感情移入した本になった。
最初、わたしはお姉ちゃんに似てるかなと思ってたけど、最終的に感じたのは1番近いのは歩くんやなと思った。
だから最後の方はいろいろ心に刺さりまくりでもう大変だった。
面白かった。
お姉ちゃんのように人生苦しんでもがいても、しっかり答えを見つけられたら最高に幸せ。
わたしは今後、迷ったら心の中で「サラバ!」って唱えるわ。

「生きているということは、信じているということだ。」
「あなたが信じるものを、誰かに決めさせてはいけないわ。」

上段を落ちて下段でさらに落ちたところを救ってくれる西さんは私を最高の気分にしてくれました。

本当にただ圧倒されて、一気に駆け抜けた。
今でもまだエジプトの空気が、ナイル河の静けさが目に浮かんで、本当に自分もそこにいたような気さえする。
「あなたの信じるものを、誰かに決めさせてはいけないわ。」
信じるものって何なんでしょう。
私もまだまだ探し途中で、途方に暮れることもよくあって、でも探し続けることがきっと大事なことなのかもしれない。
いろんな偏見とか世間体とか、そんなものには勇気を持って私もサラバ!といつか言いたい。
西加奈子さん、本当にありがとうございます。

勿体無くて積んでいた本。
読むべき時に読み終えた感じ。
閉じて深呼吸。
凄い小説を読ませてくれてありがとうと思う。

この世界観は何とも言えないです。

家事や、物書きや、いろんなことを後回しにいっきに読んだ。この数日間で、主人公の人生をともに行き来しながら、思わず自分の人生もふりかえる。

2年ぶりに再読した。

2年前の感想を読んでも、共感できなかった。
2年という時間が、今の自分と2年前の自分を大きく隔てているのだと感じた。

それは、この本のいくつかあるキーワードのうち、「時間」と「隔たり」に意識が向いたから生まれた感想だ。
今の自分がこの本の中でそこに注目することは、なるほどそうだろうなと納得する。
そういえばここのところ、自分の変化について常に頭の中にあったような、そんな気もしてくる。

歩のお父さんのような幸せに、憧れる。

下巻に入ったら一気に読み終えた。
自分をもう一回生きた気がした。

周りに流されない軸がある人になりたいなぁ

姉ちゃんやったね!歩それみたことか

引続き面白い。

これまで周囲の人々や、自らの過去から逃げてばかりいた主人公・歩が、それらと向き合い、前を向いて歩き出す物語。
上巻では不可解でしかなかった圷家の人々の本心や行動原理が下巻では明らかになる。
終盤でヤコブが言った「信じるものは違うが、違うからこそ、協力しなければいけない」という言葉が素敵だなと思った。

圷家の後半戦。西さんの書く文章が脳内でくっきりと映像になり、僕自身を一押ししてくれる。「信じる」って人を傷つける場合があるけど、それでも何かを信じたくなった。上記は22歳の感想、10年後に読めば違う感想が生まれるんじゃないかな。それまでサラバ!

読者

Icon user placeholderEc723bb2 f77a 49ea 8e5a 7aaeb67f17ebEf93a617 8025 4edf 9c1b 60e83c5070aeAf663ff4 7637 486d 92ce ba17b8715718Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b7d346ad4 273e 4e50 adaf f8e49e0d3b346b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81cccIcon user placeholder 107人

西加奈子の本

おまじない

おまじない

00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585

ソヤマ

大学生 22歳

まだ読んでいる途中だけど。 帯の「あなたを救ってくれる言葉が、この世界にありますように。」という作者の言葉が、この本を表しているなあと思う。 社会から生み出される「正しさ」は、確かに筋が通っていて圧倒的に正しくて、しかもこのSNS時代、国民総ライター時代には何度も何度も正しさがいかに正しいかぶつけられる。 だからこそ、正しい考え方にしんどくなってしまったり、押しつぶされそうになることがある。その逃げ場として、この本がある。 今の社会に基づいた、現代を象徴する一冊だった。

18日前

A9b1d7d9 5701 45cf 84e1 8d75a036696d08a27b67 a736 4d2a 9a8a a0644f0b51c0E408b494 9cb1 4bba 847b 10a4d91e4e9d 27
絵本 きいろいゾウ

絵本 きいろいゾウ

1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585

yosshy

ただの心臓

登場人物(人ではないものも含めて)がみんな個性的で素敵で愛おしく思えてきます。それぞれがしまい込んだものを持ってる上で現在があって、表面上は見えないけどまだそれが生々しく存在してることがありありと感じられる、そんなお話でした。

21日前

サラバ! 下

サラバ! 下

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

一気に読めました。 楽しかったし、興味もそそられた。 ただ、上中下とも表装が好きじゃない。 物語は良かったよ。

約2か月前

Icon user placeholder1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc565859d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbf 41