Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
61x3y2isg6l

本年度最大の衝撃と感動。 一家離散。親友の意外な行動。恋人の裏切り。自我の完全崩壊。 ひとりの男の人生は、やがて誰も見たことのない急カーブを描い... 続き

コメント

何かに囚われない、自分にとっての今を懸命に積み重ねていかないといけない。

いつだって、どんな時だって、正面向いて、おへそ突き合わせて、向かい合おうとしなきゃな、上手くいくものも上手くいかないんだ、きっと。
左足から歩き出す歩の今後にとっても期待。

自分が自分であることを、自分でしかないことを信じる力を持ちたいな〜

「信じる」って多分、自分自身の中に貫く一本の軸を見つけること。
ぶれたり、折れたりしない、真っ直ぐな軸を見つけること。

あなたが信じるものを、誰かに決めさせてはいけないわ。

「生きているということは、信じているということだ。」
「あなたが信じるものを、誰かに決めさせてはいけないわ。」

本当にただ圧倒されて、一気に駆け抜けた。
今でもまだエジプトの空気が、ナイル河の静けさが目に浮かんで、本当に自分もそこにいたような気さえする。
「あなたの信じるものを、誰かに決めさせてはいけないわ。」
信じるものって何なんでしょう。
私もまだまだ探し途中で、途方に暮れることもよくあって、でも探し続けることがきっと大事なことなのかもしれない。
いろんな偏見とか世間体とか、そんなものには勇気を持って私もサラバ!といつか言いたい。
西加奈子さん、本当にありがとうございます。

勿体無くて積んでいた本。
読むべき時に読み終えた感じ。
閉じて深呼吸。
凄い小説を読ませてくれてありがとうと思う。

この世界観は何とも言えないです。

家事や、物書きや、いろんなことを後回しにいっきに読んだ。この数日間で、主人公の人生をともに行き来しながら、思わず自分の人生もふりかえる。

2年ぶりに再読した。

2年前の感想を読んでも、共感できなかった。
2年という時間が、今の自分と2年前の自分を大きく隔てているのだと感じた。

それは、この本のいくつかあるキーワードのうち、「時間」と「隔たり」に意識が向いたから生まれた感想だ。
今の自分がこの本の中でそこに注目することは、なるほどそうだろうなと納得する。
そういえばここのところ、自分の変化について常に頭の中にあったような、そんな気もしてくる。

歩のお父さんのような幸せに、憧れる。

下巻に入ったら一気に読み終えた。
自分をもう一回生きた気がした。

周りに流されない軸がある人になりたいなぁ

姉ちゃんやったね!歩それみたことか

これまで周囲の人々や、自らの過去から逃げてばかりいた主人公・歩が、それらと向き合い、前を向いて歩き出す物語。
上巻では不可解でしかなかった圷家の人々の本心や行動原理が下巻では明らかになる。
終盤でヤコブが言った「信じるものは違うが、違うからこそ、協力しなければいけない」という言葉が素敵だなと思った。

圷家の後半戦。西さんの書く文章が脳内でくっきりと映像になり、僕自身を一押ししてくれる。「信じる」って人を傷つける場合があるけど、それでも何かを信じたくなった。上記は22歳の感想、10年後に読めば違う感想が生まれるんじゃないかな。それまでサラバ!

人それぞれ、信じるものや信仰の仕方は違うけど、何かを信じる、時には縋り付いてみるのも悪くない。
だって自由だから。人はみんな自由でいいはずたから。

読者

Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1eIcon user placeholder51aa5d13 8527 41f2 a0b8 ee0b98587cb1Icon user placeholder417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f3a65e894 4fc2 4e6f b0af edd1497944045543d474 6380 4c2f b69a f80530976777F88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d3 86人

西加奈子の本

十歳までに読んだ本

十歳までに読んだ本

015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554

まいさん

頭でっかちにならないように、ゆっ…

みんな昔はちいさな子供で、本の中で繰り広げられる物語にドキドキ、わくわくしていたんだ。 幼い頃の読書経験は、確実に今の彼らを形作ってる。私もそうであるように。

21日前

27714fb8 9ca4 4093 a93f 3e7d387c0874B0d71fe1 59fb 4540 9b5f 9b77bc8cc06eF952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44
サラバ! 上

サラバ! 上

5543d474 6380 4c2f b69a f80530976777

ぱんだお

歴史、ファンタジー、ノンフィクシ…

姉の奇抜っぷりはまさに非日常的だけど、彼女を見つめる主人公の弟くんの考え方や周りの人の行動は本当に人間的で考えさせられることが多い。 舞台はイランやエジプトがでてきて、普通の場所ではないけれど、どんな家族でも抱えるような問題や悩みが描かれている。もうとりあえず駆け抜けるように読み終えました。下巻も楽しみ。

21日前

771add18 8b04 4534 8892 086bacd871f9Icon user placeholder5b95716f 620f 4cd5 9824 e4394702c8fe 13
短編学校

短編学校

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2017/10/19 読了 少年・少女が大人になる瞬間を描いたアンソロジー。米澤穂信、本多孝好、関口尚、辻村深月、今野緒雪、それぞれ楽しませてもらった。それにしても、なんでこの短編集のタイトルが学校なんだ?

約1か月前

7d63272d 4edb 4f5c b64c f54f6b57d0c4Icon user placeholderIcon user placeholder
まく子

まく子

F88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d3

ねこ

主婦になって本屋に行く機会も減っ…

撒いたものは全て落ちるから美しい。 ずっとおちなかったらこんなに美しいと思わない。 終わりがあるから人生は楽しい。 全ての変化が嬉しい。 大人になる変化を恐れる主人公が自分を受け入れ、そして他人も受け入れられるように成長していく。 子供から大人になるその課程を見守る大人たちがとても優しい。

約2か月前

Icon user placeholder4fc4d1d2 1398 48ef b5d7 1022bca7fde95cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16 36