61x3y2isg6l

本年度最大の衝撃と感動。 一家離散。親友の意外な行動。恋人の裏切り。自我の完全崩壊。 ひとりの男の人生は、やがて誰も見たことのない急カーブを描い... 続き

コメント

2年ぶりに再読した。

2年前の感想を読んでも、共感できなかった。
2年という時間が、今の自分と2年前の自分を大きく隔てているのだと感じた。

それは、この本のいくつかあるキーワードのうち、「時間」と「隔たり」に意識が向いたから生まれた感想だ。
今の自分がこの本の中でそこに注目することは、なるほどそうだろうなと納得する。
そういえばここのところ、自分の変化について常に頭の中にあったような、そんな気もしてくる。

歩のお父さんのような幸せに、憧れる。

その他のコメント

何かに囚われない、自分にとっての今を懸命に積み重ねていかないといけない。

「生きているということは、信じているということだ。」
「あなたが信じるものを、誰かに決めさせてはいけないわ。」

読者

3506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bcIcon user placeholder563ef63e a832 4a83 954f 5ff287f0c8f0A04651c6 77a4 4f29 beaa 4f99afde3b8473351491 78c5 42a8 90e2 9943aebdc51f49bbf312 54c1 4c9d 94de 02c39a5581dd43fba9de 306f 4619 a425 e02e6f1e91fc0df5f4d3 7eba 4a66 a641 4541c100da51 132人

西加奈子の本

うっとり、チョコレート

うっとり、チョコレート

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

チョコレートを切り口として、エッセイストや小説家、タレントの文章が一堂に会しました!という作品。 勉強になった。 そして、ああ人の感性ってばらばらで雑多でわけわかんなくて、 だから人と話すのは面白いんだなぁと思った。

7か月前

Bd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b20d38d5bd af37 40f6 a34a 0b0a9a65720b6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9 18
炎上する君

炎上する君

9bf08c61 71ea 457c bc63 c574c7067a2c

ジュニ

サスペンス、ミステリー、推理、ホ…

”この三年間であなたが一番得意になったことは、あきらめることだ。” ”でも今、数々の「あきらめ切れなかった」事々を思い出し、あなたは不思議に思う。”

10か月前

A7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d2F4203be0 41e6 49bd 8c12 dc29baeda02eEf3755db 66f1 4464 b596 09af95625a9f 15
おまじない

おまじない

00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585

ソヤマ

大学生 22歳

まだ読んでいる途中だけど。 帯の「あなたを救ってくれる言葉が、この世界にありますように。」という作者の言葉が、この本を表しているなあと思う。 社会から生み出される「正しさ」は、確かに筋が通っていて圧倒的に正しくて、しかもこのSNS時代、国民総ライター時代には何度も何度も正しさがいかに正しいかぶつけられる。 だからこそ、正しい考え方にしんどくなってしまったり、押しつぶされそうになることがある。その逃げ場として、この本がある。 今の社会に基づいた、現代を象徴する一冊だった。

1年前

3506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bcD655b7d8 95bf 427f 9715 ac07bc61951dA163ca5f 18b0 48a7 9c9f 17ce4a8f91f8 72
絵本 きいろいゾウ

絵本 きいろいゾウ

1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585

yosshy

ただの心臓

登場人物(人ではないものも含めて)がみんな個性的で素敵で愛おしく思えてきます。それぞれがしまい込んだものを持ってる上で現在があって、表面上は見えないけどまだそれが生々しく存在してることがありありと感じられる、そんなお話でした。

1年前

A7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d27996973f 240d 4bae 8c3e d55d0bbb84907e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d921554619