61s%2bdm2wytl

これは、あなたを魂ごと持っていく物語 姉・貴子は、矢田のおばちゃんの遺言を受け取り、海外放浪の旅に出る。一方、公私ともに順風満帆だった歩は、三十歳... 続き

コメント

文化的なものに接して、自分の穢れを祓いたかった。取るに足らないものに目を向ける。被害者たちが、どうして自分ではないのか。そのときには、もうとっくに死ぬ気なくしててん。太宰やったら、こんな格好悪い話を、面白く書いてくれるやろうな。俺は今まで何かに属するのが怖かった。けどそれは姉の言う信じる事から逃げていただけなのかもしれない。外見やコンプレックスがその人を形成する。自分の人生に介入されたくはないが、介入された時にハッとすることがある。海外に行くような人はなにか逃げたいものがある。俺は大震災のときですら死を思わなかった。死について考えた事すらなかった。死ぬという事が現実ではないような気がしてた。何かを信仰するとは、どういう気持ちだろう、信じるものを探そうとしてる僕には分からない気持ちだろう。信じるものを見つけたということは、これからも生き続けるという事。こんな自分を見直させられた小説は初めてだし、こんな影響を与える小説は初めてだった。今読めてよかった。

「あなたを愛している自分を信じている」というような言葉が姉から出た時。この人は本当に自分が信じられる何かを見つけたんだなって思いました。長い道のりだったけど、それを見つけるだけで人ってこんなに変われるんだ。とお手本を見せてくれた感じです。姉と主人公、そして周りの人間達の変化の様子もこの本で見て感じてください。

一気に読めました。
楽しかったし、興味もそそられた。
ただ、上中下とも表装が好きじゃない。
物語は良かったよ。

★★★☆☆
はじめての西加奈子さん。正直…長い!初めはなかなか辛かったけど、途中からハマり出しました。1人の人間の壮大な人生を見たような読後感はなんだかすごくスッキリ。

サラバの言葉の持つ意味がやっと最後にわかった

読んだ。読み切った。誰かの人生を覗いた、歩というひとりの人生を、時には苦い顔で、時には微笑んだり、時には泣きながら見守った。上・中巻ももちろん読み応えあるし、絶対に必要な部分だけど、下巻がヤバかった。あえて、ヤバイという表現を使うほど。いい意味で展開について行けなかった。でも生きるってそういうことのような気がするし、何より命削って書き上げた本を本気で読めて良かった。
読み始めるには、少し意気込みのいる頁数だけど、ここに誰かが本気で願い続けて伝えたかった事が書かれてるならば、それはかなり読む価値があることだと思う。いつかあなたにその時が来ますように。

上巻は理想の母親像が読んでいて少し辛くて、全体を通して一体何を読まされているんだという気持ちになった。
だけど下巻、とくに終盤になるとこのために上中と進んできたんだなと。
はじめての西加奈子作品、良かった。

2017/11/30 読了

自分語りの文体が心地よい。奇抜な姉の行動も気になり、グイグイと物語に引き込まれる。最後は読者にぶん投げても良かったかなぁ。

2018.05.30
人や家族との関わり方は、成長とともに表向きは目に見えて変わって行くが、人生として見てみると関わっていない時間のみが変わっているのであって、実は本質は何も変わってないのではないか。

人との関わりに勇気をもらえた気がした。

こんなに年をとってしまった今更になって、何か大事なメッセージを受け取ってしまった感じ❗
なんてこった。

読者

Icon user placeholder80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a3db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aaAd7825af 31c7 446b af9e 8f3c399104ac86818e08 9f1c 47a9 94d0 270200f0d8419bd55003 c6a9 4d11 b25d 252e03cd88a4E2e9bee1 56f2 4e81 a63d 5cafce33af1b3b6bd81f b3fb 492d b24a 5ae11b34c771 77人

西加奈子の本

炎上する君

炎上する君

9bf08c61 71ea 457c bc63 c574c7067a2c

ジュニ

サスペンス、ミステリー、推理、ホ…

”この三年間であなたが一番得意になったことは、あきらめることだ。” ”でも今、数々の「あきらめ切れなかった」事々を思い出し、あなたは不思議に思う。”

3か月前

Ef3755db 66f1 4464 b596 09af95625a9f33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737536e84d6 c9f3 4e6e 832a a91ecbf069a2 13
おまじない

おまじない

00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585

ソヤマ

大学生 22歳

まだ読んでいる途中だけど。 帯の「あなたを救ってくれる言葉が、この世界にありますように。」という作者の言葉が、この本を表しているなあと思う。 社会から生み出される「正しさ」は、確かに筋が通っていて圧倒的に正しくて、しかもこのSNS時代、国民総ライター時代には何度も何度も正しさがいかに正しいかぶつけられる。 だからこそ、正しい考え方にしんどくなってしまったり、押しつぶされそうになることがある。その逃げ場として、この本がある。 今の社会に基づいた、現代を象徴する一冊だった。

9か月前

603338b4 baec 4f04 b1f8 a822a230aabb4d05909f 8525 4932 9825 728a0e3871327f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176f 64
絵本 きいろいゾウ

絵本 きいろいゾウ

1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585

yosshy

ただの心臓

登場人物(人ではないものも含めて)がみんな個性的で素敵で愛おしく思えてきます。それぞれがしまい込んだものを持ってる上で現在があって、表面上は見えないけどまだそれが生々しく存在してることがありありと感じられる、そんなお話でした。

9か月前

7e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d921554619C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74