41xh ru9zhl

停滞する日本経済、職場の人間関係、仕事の成果が思ったように上がらない-。このようなサラリーマンの一般的な悩みについて、世界中の学者が研究を進めています。そ... 続き

コメント

給料、出世、人間関係、仕事のやり方、家庭問題、いろいろと悩み多きサラリーマン。
この本を読んでみんな成功の秘訣はもう既にわかっていて、やらなければいけない事もだいたいわかっているけど、できなかったり、やり遂げれなかったりすることが悩みにつながっているんだと思った。良いと分かっている事をやり抜く力を持って、やり遂げた人が成功する人。
そして、どんなポジションにいても幸福かどうかは別問題…。

読者

Icon user placeholderC2febbcc 4b82 467d 906a b7ec91b4e495

新刊

機捜235

機捜235

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

定年間近の相棒、縞長さんが事件を解決に導いていく。 刑事として人間として、事件との向き合い方を教えてくれる素晴らしい人物だ。事件が9編 高丸と縞長のコンビがこれからも楽しみだ。

約4時間前

掟上今日子の備忘録

掟上今日子の備忘録

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

今日子さんの魅力にぞっこん! いつかの「今日の今日子さん」 忘却探偵だけに、設定がややこしくもありシンプルでもある。 「記憶」にまつわるセリフが、度々、心にささる! とにかく、今日子さんのファションセンス、テキパキさとお茶目さ、がめつさ!?が好き!

約5時間前

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bAe690d6b 917b 49a0 a666 75d8f1d9a63dB376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e24 12
リーチ先生

リーチ先生

B8a97abe a362 49c2 8876 0f0cea863e63

Ayana Nagae

絵本が好きです

今回はイギリス人の陶芸家、バーナード・リーチと日本人陶芸家の親子2代に渡る歩みがテーマになっています。 遠く離れた時代や陶芸という身近ではない分野の話にかかわらず、芸術を通して大志を抱くリーチ先生やカメちゃん達の熱量と純粋さに、普遍的な人間らしさを感じます。 また、細かすぎない丁寧な描写のお陰で、陶器や土地の美しさや素朴さをまるでその場にいるかの様に五感で感じることができます。 忘れがちな大切なものを思い出させてくれました。

約9時間前

E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cdd3b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890fe3e6d2ad8 fb13 4fc9 80ce 48e366b45e53 38