51mw2mhtyvl

なぜGoogleの社員は、楽しく創造的に働き、柔軟性を持ち、優れた成果を上げられるのか?その鍵を握るのが、独自の研修プログラム「サーチ・インサイド・ユアセ... 続き

コメント

この本に書かれている瞑想を、睡眠の前後30分ずつ実践しています。例えば「シベリア北鉄道」という瞑想は、仕事や家庭の人間関係において強いストレスを感じても、頭をポジティブにコントロールするためのトレーニングで、日々の生活に根ざしたアプローチが紹介されています。

元Googleの技術者が、社内向けに開発したトレーニングをユーモラスに書いた本で、宗教的な観念が得意でない方でも、瞑想の方法や効用が理解しやすいです。

入念に瞑想をする習慣がなかった私には、脳の芯を揉みほぐしたような実感があります。

実際の瞑想方法やその意義、科学的根拠が述べられている。
技術的な解説本というよりは、やってみたくなるような内容をわざと配置している工夫が見られる。

読者

F487491c c5d1 45b5 a017 250ab942843d399c3758 eb52 4aba 9d66 758c36ea59e47d0741fb 5976 461c b971 dd39c21fcaa9A6c344a0 7060 4b5a b38c d080f8cdc3b188a18969 0a2a 492c 9004 d598db0b6c11Ab96b542 ac92 4256 8d15 7426fbf6aa7a2d0bcb9a 404d 4bfd 80e1 c0018c7fc7ff89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e 10人

チャディー・メン・タンの本