51j3bscpmdl

主人公アレックス・ロゴは、ある機械メーカーの工場長。長引く採算悪化を理由に、突然、本社から工場閉鎖を告げられる。残された時間は、わずかに3か月。それまでに... 続き

コメント

物語として面白く、分厚い本でもあっという間に読み終わりました。

昔読んだやつですが出てきたのでポストします。

上司に言われて嫌々読み始めたが、物語としても面白く、どんどん頭に入ってきます!

こっちに来てまさにストーリーの情景がリンクする
アメリカっぽいなー

製造業関係者にはぜひ勧めたい一冊

小説になっており会社(工場)の根本的な考え違いと
目が醒める様な改善プロセスを教えてくれる

生産管理についての本だが、読み物としても面白い
思考プロセスについては普段の仕事についても参考になるかもしれない

ボトムラインのお話。足をひっぱっていたの私というお話。クビになりましたよっと。ちゃんちゃん。

読者

E84971bf 3031 4171 85f9 e46a3b515a75B307e392 1cca 43a1 919e 4f40d8e1fecbBc5f728c 3123 480b a670 ba99fe2a8137896fb74f 1d6f 4c44 abbf c3eec3542171022f1e16 8c71 40d6 a9f3 2362b2a2b1c8Ba9e4021 9b63 488b b699 b09ac343f90092657f91 27f8 414c af22 c37a7811e65eE23415a9 faea 4404 a89e 7bbe4ed5be9e 25人

エリヤフ・ゴールドラットの本