516cbvx9jjl

「えっ、私がですか」「君ならやれるよ。いや、開発センターを大きく変えるには君しかいないと思っている。マーケティングを変えたようにね。二年で変えてくれ。その... 続き

コメント

ファシリテーションを知るきっかけになった本。小説仕立てになっており、ストーリーがまたワクワクさせてくれます。

ファシリテーション!なの?デキル女性総合職が上司の寵愛を受けわりと大きな案件をまとめていくお話しでなんか目の前で見たことあるよーな物語でした

ファシリテーションについて小説という形をとってわかりやすく語った本。
企業で活躍するファシリテーターのあり方、ファシリタティブなリーダーとは何かが掴めると思います。

ストーリー調でファシリテーションに対してのイメージが非常に沸きやすい。こんなに上手くいったらいいんだけど

読者

E84971bf 3031 4171 85f9 e46a3b515a755a20e99d e9ce 46ec b737 1a6afce281b2B2380b4a 127d 4f09 abad 8522096599b7B0107b7a f449 4a64 a939 34a41ef6c6329323c04a 10c3 4f2b bd4d 21fb117fdb400fdfd9ca f824 4300 857c aef332f4dc822d0bcb9a 404d 4bfd 80e1 c0018c7fc7ff30157175 1e5b 4aae 8390 eaefeaad5c02 8人

ビジネス

アイデアはどこからやってくるのか 考具 基礎編

アイデアはどこからやってくるのか 考具 基礎編

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

アイデアは既存の要素の新しい組み合わせである と、言われるものの、既存の要素を使える形に料理出来るようになるまでには、それなりの考え方の訓練が必要。 というわけで、発想法の基礎トレーニング集的なエッセンスが詰め込まれているのが本書。こちらは基礎編らしいので、もう少し整理が出来たら、その先にも進んでみるつもり。

4日前