516cbvx9jjl

「えっ、私がですか」「君ならやれるよ。いや、開発センターを大きく変えるには君しかいないと思っている。マーケティングを変えたようにね。二年で変えてくれ。その... 続き

コメント

ファシリテーションを知るきっかけになった本。小説仕立てになっており、ストーリーがまたワクワクさせてくれます。

ファシリテーション!なの?デキル女性総合職が上司の寵愛を受けわりと大きな案件をまとめていくお話しでなんか目の前で見たことあるよーな物語でした

ファシリテーションについて小説という形をとってわかりやすく語った本。
企業で活躍するファシリテーターのあり方、ファシリタティブなリーダーとは何かが掴めると思います。

ストーリー調でファシリテーションに対してのイメージが非常に沸きやすい。こんなに上手くいったらいいんだけど

読者

92657f91 27f8 414c af22 c37a7811e65e15807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5deD9806298 18c8 4c32 854b c66d14090aa1E84971bf 3031 4171 85f9 e46a3b515a755a20e99d e9ce 46ec b737 1a6afce281b2B2380b4a 127d 4f09 abad 8522096599b7B0107b7a f449 4a64 a939 34a41ef6c6329323c04a 10c3 4f2b bd4d 21fb117fdb40 11人

ビジネス

ゆるいつながり 協調性ではなく、共感性でつながる時代

ゆるいつながり 協調性ではなく、共感性でつながる時代

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

SNSの発展により「つながり」とその維持は極めて容易になった。「昭和的強制」の時代は終わり、これからは「ゆるいつながり」が大切になってくる。 そのためには自分を高めること、価値を提供できる自分であり続けることか必要。 佐々木俊尚の「広く弱くつながって生きる」に書かれていることとかなり近い。どちらも2018年3月刊行と同じ時期に出ているのはなんとも興味深い。 実際、仕事に活かせる具体性としては、佐々木俊尚の著作に軍配が上がるが、SNSダメ事例集の豊富さでは、本書もなかなか面白い。

1日前

D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a
桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか

桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか

Deb28d02 e0c3 4061 95ec 1b18a196d40a

たつてん!

よろしくお願いします^_^

20181209 この本を一言で言うと、 「デキる人は見えない所で桁外れに準備している」 ということ。 何をしているか? ①資料や本を全て読む ②会う人や会社を事前に徹底的に調べる ③不安を消すため「準備」と「トレーニング」を圧倒的にする なぜ? ①全体像を掴むこと、専門家とも対等に話すため ②情報が多いと不安が少なくなる 自分は仕事がデキる人は、天性のものかと決めつけていましたが、人が見ていない所で桁外れに準備をしているのだとわかりました。 逆に言うと、自分も圧倒的に見えない所で準備(資料や本を読む)すれば良いんだと思い、行動に移しています。

7日前

Cebf7d4d 081a 4ddb 9116 149b2716bfc62702abd2 7390 448c 97f0 e3349a72d5414f77893f a60d 452c b73a 6913489f0fc5