51r0b%2baswol

北京で五輪を堪能し、ロンドンでサッカーの醍醐味を味わい、バルセロナではピカソに共感。アキレス腱断裂のピンチに陥るも、全国の湯治場を巡りつつリハビリに励み、... 続き

コメント

万城目氏の、「湯治と(サッカー)観戦」記、「建物探訪愛」記録、そして「北朝鮮観戦」思い出集。
小説と同じく、スペインサッカーのティキ・タカと同様にテンポよいエッセイ。

読者

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

万城目学の本

パーマネント神喜劇

パーマネント神喜劇

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

これぞマキメ・エンターテイメント! 最近の万城目さんの本は、時代モノや古典など、 ちょっと固めな題材が多かったように思うけど、 僕はやっぱりこういうファンタジーが大好き! とある神社でお勤めをしている縁結びの神様のお話。 優しく笑えて、最後に泣ける。 最近涙もろくなっていかんと思うのだけど、 昔はわからなかったようなたくさんの知識や経験をしたから、 感受性が良くなったのだなぁとポジティブにとらえるようにしました✨ 「?」なタイトルのネタバラシの仕方がGOOD!

1年前

F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf968b548f4 59ef 4922 ac62 b25cc4725ea9Icon user placeholder 15
とっぴんぱらりの風太郎 下 ()

とっぴんぱらりの風太郎 下 ()

E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718

ぬっぴー

印刷会社で燻っている30歳(つい…

よかった。人を蹴落としてなんぼな、孤高で孤独な忍びの道。戦で心が荒みきった風太郎が見出した、誰かを救う、という一筋の道。風太郎を導くのが術使いのひょうたんというのも万城目さんらしいトリッキーさ。おしまい、おしまいという意味だけど、続編やらないかなぁ。2017.3

1年前

(1-10)みんなの少年探偵団

(1-10)みんなの少年探偵団

8b0d7518 e7ce 4f48 80a5 fdf0ada87125

okm

本棚

小さいころ少年探偵団を読んでいたわけではないけど、小学校の図書室とか区民図書館とかの雰囲気を思い出しました。

1年前

22f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c5797830458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9