51npep6csgl

シッダルタは学問と修行を積み、聖賢になる道を順調に歩んでいた。だが、その心は一時として満たされることはなかった。やがて俗界にくだったシッダルタだったが…。... 続き

コメント

読者

Decb3530 dca2 4b25 8442 42032994de3c173308de 63b0 4acc b635 f7ccc62ee28b

ヘルマン・ヘッセの本

車輪の下に

車輪の下に

2aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab7

Reki

宇宙を!地球を!幸せを創る装置一…

最近負のエネルギーの本ばっか摂食してるな。。。

約2年前

6f1b6118 99e3 4ecd 8f52 024a284c23aa705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5
ガラス玉演戯

ガラス玉演戯

4d6b2209 2b40 47c2 b704 6e4b902df08f

yossy

ふるさとの山に向ひて言うことなし…

晴れやかなエピソードが多く、読んでいて気持ちが良い。 誰もが心に持つ王国を立派に築くこと。壊し壊されるのではなく、認め合い融合すべきであり、「ガラス玉演戯」では、王国を次の世代に託す価値を見いだしている。 伝記の形式を採っていて、その主人公の遺した詩と短編集へと至るこの強固な建造物へ、誰でも簡便に訪ねられるようにした「復刊ドットコム」に感謝。

3年前

車輪の下

車輪の下

14200c63 b074 4989 9ed1 82d1df6341db

グータラ

怠惰の塊 我眠い、故に我寝る 本…

この本を読んで教育について考えた。現代の日本の教育システムは本の中に出てくる神学校と似ていると思う。さまざまな個性をもって入学してきた子供たちを均一化して世に送り出す工場、それが現代の学校の姿ではないだろうか。どんどん壊れていくハンスを見ているのは辛い。自分も似た体験をしているのでとても共感した。

3年前

705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c506746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa65da99c02 fdfe 4bcc b4d9 4fad765a56c0