51qpb4jgn0l

社長命令で、突然ニューヨークシティマラソンに参加することになった安部広和。かつて家庭教師をしていた社長の娘・真結を監視しろというのだ。(「純白のライン」三... 続き

コメント

好きな作家さんばっかりの短編集♪楽しく読めた☆

読者

E6c6f1f7 2317 45ea a86d e092853b20b8D3579b84 acbe 4694 8ebe fdace3aba40c2c54caa4 7676 4638 8ed7 ca3310b5f9f8 3人

三浦しをんの本

舟を編む

舟を編む

6ecd17a4 411f 4245 a2ca d3fe8fd7dffd

Naoko Takebe

人から本をオススメしてもらうのが…

いい話だった。 一生懸命打ち込めるものがある幸せ、それを理解してくれる仲間がいる幸せを感じた。

27日前

Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093E3c043af 0967 40ca 942c 718b3d97c8f4D8aa4add 5aa1 4a9b 9509 0203faef7142 326
ののはな通信

ののはな通信

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

物語は山手の女子高に通う二人による昭和59年より平成23年までの手紙のやり取りのみにて進行する。10代の過剰なまでの情熱と40代に入ってからの諦念というべき静かな感情の穏やかさに過ぎた歳月を思う。 「高校生のころ、あなたが学校を休んで連絡がとれなかったとき、私は半狂乱で手紙を送りまくり、家へ電話をかけまくったでしょ?あのときは夢のなかでもあなたの姿を探して涙を流していた。  けれど、いまとなってはもう、風のように吹く時の速さに押し流されるまま、淡々と日常を営み、ある種の諦観とともに、あなたからの連絡をひたすら待っているだけ、私の精神は鈍磨したのだ。中途半端に」P.386 「どこかで自分に愛想を尽かし諦めて折り合っていかなければ中年になるまで生きのびることなんてできないわよね」P.414 日劇もとっくに無くなってしまった。

3か月前

F4226424 2a79 49de abf1 5eb72cdc3213A04ccfd1 7cf4 4911 b177 060991bd2e869ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1d 60