51u1buglefl

さびれた商店街に花ひらいたランジェリーショップ、そこに出入りする人々の人生模様。レースやリボン、小さな花柄の下着が、行き詰まった人間関係をなぜかほどいてい... 続き

コメント

たかが下着、されど下着。女性特有の気持ちかななぁ。

その他のコメント

気になって図書館で借りて読んだ本。好きな世界観。

読者

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2415597e5ee 675c 4ebf a72a e39f9276ef34427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302bCd98eca8 f1a5 4e5f b54e fa54973b258568400bb6 0285 4159 a455 8ec533e6c88f 5人

近藤史恵の本

みかんとひよどり

みかんとひよどり

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a

まる

発芽マニア? 旅と文庫本と熱帯…

タイトルと表紙に惹かれて購入。京都のフレンチレストランのシェフが物語の主人公。ある日愛犬ピリカと山に野禽の狩猟に出かけ遭難しかけたところを猟師の男に助けられたところから物語が始まる。主人公は35歳、猟師の男もほぼ同じ年という設定なのだが、最初の頃はずっと年上の中年の男を想像して読んでいた。主人公のシェフは地元の人間ではない設定なのでそこはいいとしても、物語の舞台は京都なのに登場人物は誰一人関西弁? を話さない。そこに代表されるように、登場人物一人一人の背景があまり深く描かれていない気がする。特に猟師の男。なぜ一人、山奥に暮らし、狩猟を生業としたのか。一応サラッとは触れてはあるのだが、もっともっと深くえぐってほしかった。全体的に物語に厚みが感じられないのだ。できれば、そこら辺を続編(が出ればの話だが)で描いてほしい。とはいえ、物語に登場するジビエ料理にはそそられる。以前からジビエに興味があったので、これを機に一度食べに行ってみようと思う。それと著者の「タルト・タタンの夢」がずっとKindleの中で眠っているので、これも読んでみようと思った。

8か月前

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4
アンソロジー 捨てる

アンソロジー 捨てる

F7a34118 bf8f 4ec5 b203 771c604ed64d

福猫

本好き、猫好き よろしくお願いし…

貴方には捨てたいものがありますか? あります。誰の心の中にもありますよね? 怖くて、面白くて、ゾクゾクします。

12か月前