51spmrimnvl

男は武装強盗で20年の懲役刑に服していた。だが白昼に脱獄し、オーストラリアからインドのボンベイへと逃亡。スラムに潜伏し、無資格で住民の診療に当たる。やがて... 続き

コメント

脱獄したオーストラリア人が、インドのスラムに身を潜めて、ってこれが自伝的小説なの??

書いたのはこんな人。

「私の人生の物語は長く、込み入っている。私はヘロインの中に理想を見失った革命家であり、犯罪の中に誠実さをなくした哲学者であり、重警備の刑務所の中で魂を消滅させた詩人だ。」

読者

554b96f1 9ed1 474b 9112 2c20afdbee070ddd3132 6f3c 41eb a8d0 559acbd02149Cd03bf38 93f6 4cf9 9bd1 52c04421f2b7 3人

文庫

そして誰もいなくなった

そして誰もいなくなった

2a424aa4 a0ed 4638 9c9a da9203ffa4ed

sasamiwa

ソーシャル系の企画・広報やってま…

見知らぬ人たちと離島に行くことになり、以前進められてこの本を飛行機の中で読んだ。巧妙な誘い文句で集まった罪人たち。正体の見えない犯人の影。この中の誰かが犯人だと思い始め、疑心暗鬼になって行く。。。兵隊に擬えて1人ずつ殺されていくのはとても怖い!登場人物が多くて最初、誰が誰のことか分からない時もあったし、もちろん最後まで誰が犯人か全く分からず。笑 普通の人間ならば、罪の意識は、生涯なくなることはないんだろうな。罪人を神の如く裁く犯人。罪を犯したからといって、当然死ぬべきと扱われるのは不当だ。しかし、みんな自分は悪くないと言い聞かせている部分には疑問を持つ。人間の精神とは脆く弱く、みな自分のことばかり考えている。そんなことが浮き彫りになっている作品だった。

約1時間前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder
青い鳥

青い鳥

6662bb11 53a1 4949 bd28 80ad8193b04e

ひろきの しほ

サブカルスキ

思春期の残酷性が他人事にとても思えず痛みとともに突き刺さる。展開は理想論かもしれないが、こんな先生がいてくれたら踏みとどまることもあるだろうなと思わせる説得力がある。

約3時間前

640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affD4dc49de 289d 4364 9d46 b2bde4005b3f52939939 fed1 4627 abf9 9bd91dbf6bc9 29
ぼっけえ、きょうてえ

ぼっけえ、きょうてえ

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

ぼっけえ、きょうてえ。予想以上に怖かった。 ゴジムに出演してる作者が面白いので、どんな風かなと思い購入。 短編集だが、どの作品も貧困が描かれいて辛いイメージ。

約7時間前

7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bfC7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a27d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c7 12