51dpthi xul

害と喜びを意味するドイツ語からなる「シャーデンフロイデ」は、「人の不幸は蜜の味」という表現で私たちにも馴染み深い感情である。成功者や有名人の失敗に歓喜し、... 続き

コメント

同期一番の出世頭が大口顧客を怒らせた! 人気タレントがセクハラ疑惑で降板? ああかわいそうに、でも少しだけ(そう、ほんとにほんの少しだけ!)笑みがこみ上げて来たりはしませんか、よくないことだと知りつつも。自分もそういう感情を抱いたことを白状せざるを得ないけど(それも頻繁にというのがまた救いがない)、そういう感情をドイツ語でシャーデンフロイデという。日本語だとネットでいうメシウマというところ。
人間社会に限らず、競争に満ち満ちているこの世においては、シャーデンフロイデは、競争の中で自分が相対的に優位に立ったことに対して人間が感じる快い感情であるらしい。しかし、そうした快感も、妬みを覆い隠すような形で正当化されてしまえば凄惨な犯罪へと容易に転化するという。例えば、ナチスのユダヤ人虐殺のような。にわかには信じ難いけれど、ユダヤ人は劣った存在などではなく、優秀であるからこそ排斥すべきであるという理屈は明らかに妬みから生まれたものだろう。
明日は我が身と思いながら、自戒の念を抱きながら読む本。

読者

0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e

社会

追及力 権力の暴走を食い止める

追及力 権力の暴走を食い止める

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

賛否分かれる、権力者への執拗な追求を続ける望月さんの対談書。 追求の巧みさを知れる深さは感じなかったけど、これからの彼女の発言や行動に引き続き注目したいと思う。

2日前

アフリカのことわざ

アフリカのことわざ

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

タイトルの通り、アフリカのことわざを集めた本。 われわれの考え方に近いものであっても単語や言い回しがアフリカならではのものや、思いもよらない示唆を与えてくれるものなど、様々なことわざに出会える。アフリカの風土や考え方・生き方が想像できて、楽しく読めた。 気に入ったことわざをいくつか。 「バッファローに追われて木のてっぺんに登るはめになったら、景色を楽しみなさい」 「木を植えるときは一本だけではなく三本植えなさい。日よけのためと、果物のためと、美観のために」 「やかましくさえずる鳥はまったく巣作りをしません」 「好きですることが財産の大半を作る」 「心配とは想像力の誤用である」 「山と山は会うことができないが、人間は会うことができる」 「アフリカでは、老人の死とは図書館の焼失」 「ひとりでハチミツを全部食べる者は必ずお腹を痛めます」 「愚者は喋り、賢者は聞く」

6日前