41blt45kehl

コメント

柴崎友香さんの魅力が詰まった、短編集。ワープは出来なくてもどこにでも行けるんだと、読み終わるとカラダの力みが抜けてふわっと視野が広くなった。私も思いつきで遠出したりするけれど正しくそんな感覚を書いてくれていた。

その他のコメント

文章がとても好き。遠距離にやきもきする若者たちの短編集。物語に今の様な便利さはない。そのもどかしさが綺麗に文章化されていて、各作品の最後の文章や場面に残る余韻が素敵。誰にでもある一瞬の様な。あえて言葉にしない美しさが垣間見える。

読者

Icon user placeholderBb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7c7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5Bd080493 0c94 44e6 8353 048ac9ddba36 4人

柴崎友香の本

公園へ行かないか? 火曜日に

公園へ行かないか? 火曜日に

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

「そして日本語が話せない毎日の中で自分が話したいと思うのは、話したいと体の奥から湧き出てくるのも、いつも大阪の言葉だった。」P.268、この自分のアイデンティティを認識する、視界がスッと晴れたような腑に落ちる感覚の心地よさ。 アーミッシュの村を訪れた後遠く離れたロンドンで回想する『とうもろこし畑の七面鳥』散文詩的な「どこまでも続くとうもろこし畑、緑色と枯草色。地平線。密度の薄い空間。途方もない空気の量。人間の気配のない、広大な土地。」P.85、アメリカンの質感にグッとくる

約1か月前

1ac099b6 c7ba 48ad 80ad bd934bb185f370823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58fIcon user placeholder 10
きょうのできごと、十年後

きょうのできごと、十年後

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダで…

きょうのできごと、の十年後。私の好きな女の子二人に、優しい中沢くん、顔がかっこいいかわちくん、十年後も頑張ってる正道くん、顔が似ている男の子二人。いい意味で、"彼らの十年後だけ"を見れて本当に嬉しい。それはこの日が来るまでの日常を知ってしまうよりずっと意味のあることで(もちろん日常を知れるなら膨大な量でも読みたいですが)、こうして生きてて、ままならなくて、そんな一夜は十年前のあの晩を思い出すにはぴったりの日で、この日がずっと続けばいいのにな、なんて思いながら読んだ一冊でした。

約2か月前