9784120051821

出会ってはいけない二人が出会ったとき、世界の均衡は崩れ、物語は暴走する―― 【時代をまたいで疾走する、エンターテインメント小説2篇! 】 我が... 続き

コメント

その他のコメント

どうしても、互いに憎みあわずにはいられない。
遺伝子レベルで刷り込まれているような『天敵』がいるとしたら、私達はどうするべきなのだろう。

バブル期と、2050年代の近未来。二つの時代を舞台に、「嫁と姑」「追う者と追われる者」の、憎み合う2組の軌跡を描いたエンタメ小説。
誰でも苦手な人というのはいるだろうが、彼らとどう関わるべきなのか、悩ましいテーマだ。

しかし、残念ながらこの作品には一つの問題点がある。
作中、話の本筋に関わらない、意図不明とすら思われるような描写がちらほらあり疑問に感じていた所、この作品は計8組の作家で作られた「螺旋プロジェクト」というものの一作であると、巻末に書かれていた。互いの作品へのリンク・関連がある、一つの作品群であるとのこと。
つまり、おそらく、同プロジェクトの他作品を読んで初めて意味が分かる要素もあるという事、らしい。
企画とはいえ、一冊で物語の世界が完成しないというのは、作品の完成度としてはどうかと思う。他の作品との統合性や同一要素の導入などをすると創作に制約があったとも思うし。
これを機に他のプロジェクト作品を読むべきかもしれないが、作者が80%の力しか出せなかった作品を8つ読むよりは、100%の作品を1つ読む方が良かった。残念。

読者

A497086c 1bd2 4c8f 9e96 e729c6074ba4Aaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cdCf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b175276c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c93c7075ea f09f 43de 9f5d 2e48b1586e1eBd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd8f6d6436 5bfe 42c4 b7e5 9ac73f0999fd3cd37064 1d83 49de 9667 9e8230054c79 37人

伊坂幸太郎の本

アイネクライネナハトムジーク

アイネクライネナハトムジーク

00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10

ほんのむし

2019年198冊目。映画を観る前に〜と思って読了。伊坂幸太郎って、読み終わった後に相関図書きたくなるよね。書いて、あ!ここもつながってる?!ってなるのまで全部含めてたのしい。

19日前

4582b428 68ee 4f2f 9084 89cc500ba80a20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a5204850bc71 474d 43c0 a6d2 91bd9636a8ef 179
グラスホッパー

グラスホッパー

64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a

HSSISOLATED

人生で何度目かの読書熱

残酷さがある物語ではある。それでもどこか登場人物には善良さを感じてしまう部分が残されている。残酷さと善良さの狭間に立つ普通の主人公「鈴木」も日本で最も多い姓名の一つでもあり、残酷でもないしかし善良さも失った普通の匿名的男性という構造なのだろうか。物語としては面白い。でも残酷。

2か月前

A8948189 ce2a 4246 b1c9 0a1e9f256fa38ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184Cd048172 2b7a 4b16 bb15 2ae40629923e 24
クジラアタマの王様

クジラアタマの王様

2bbaa9ff 7cdd 435e b54c 9613d2dbf7a0

Ataru

水もしたたる、トキントキンの、O…

いい意味で伊坂幸太郎らしくない本だと思います。パラレルワールドものですし、あんまり凝った伏線もありません。主人公たちにちょっと特殊な設定があるっていうところくらいが伊坂幸太郎らしい部分でしょうか。前半少し間延びしますが、後半の面白さはさすがです。トラブルに立ち向かうべきは夢の中でではなく現実においてなんだ、というところに感動しました。伊坂幸太郎って実直なんですね。

2か月前

Fefedcb5 011a 481e 90e8 c85bf185f6288210e25f d30f 4927 97af a6cd3a0c31e8801196d5 8c77 4f11 b225 35cc4b0d120e 21
砂漠

砂漠

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

キャンパスライフの醍醐味はこうゆうとこだと思う。勉強、バイト、旅もいいが、感性の違う友人と仲を深めることで、自我が芽生えて、本当にやりたいことを見つけられる。 本当にやりたいことをそれぞれが本気で取り組めれば、世界が変わる。 なんてことは、まるでない。

5か月前

Icon user placeholderC9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbb905984d4 b779 4d8c a40b 397d8df2abd2 36