51yg3f5aqfl

第26回鮎川哲也賞受賞作 特殊技術で開発された、小型飛行船〈ジェリーフィッシュ〉。その発明者であるファイファー教授を中心とした技術開発メンバー6人は、次世... 続き

コメント

2019 8月課題本

いやはや…面白かった。
鮎川哲也賞を受賞しただけのことはある。
21世紀のそして誰もいなくなった、頷けます。
ジェリーフィッシュという架空の飛行船が舞台。
航空工学や合成化学といった難しい言葉が出てくるので読み進めにくい文章もありますが、どういう展開になるのか止まらなくなります。
他の作品も読んでみたいですね!

その他のコメント

帯に「そして誰もいなくなった」登場!成る程。
犯人のプロローグで事件の原因を知り。現在の密室殺人の恐怖と反応を探り。事件を追う刑事達とともに試行錯誤しながら、読み進めました。
いつのまにか、犯人探しは途中で放棄して。。ました。。。笑

犯人、事件現場、警察の三箇所の視点で
読み進め、何度も前のページを振り返って再確認。
動機も犯人もなんとなくわかってたけど
殺害方法とかがおもしろかったです。

読者

Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6Aaedc2cf 6bf5 41a8 bf82 06b9a5916e805c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09Da89d462 9367 4b41 968a 24fe70ba90571525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad45e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb7ddded9e 9c38 4e7f 8201 528fa1525b5e 8人

市川憂人の本

ジェリーフィッシュは凍らない

ジェリーフィッシュは凍らない

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

市川憂人さん初見です。『そして誰もいなくなった』話なので、淡々とクールな描写が多いのですが、マリアと漣の会話が面白くて、楽しめながら読めました。さらに、ミステリーもしてもちゃんと練られてて良かった!

約2か月前

グラスバードは還らない

グラスバードは還らない

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

マリアと蓮シリーズ第三弾。 マリアと蓮が別行動という珍しいパターン。そして、短い期間で起こった複雑で不思議な犯罪だった。

3か月前